倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノン パワーショットG15

<<   作成日時 : 2012/09/15 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
「フォトキナ」という世界最大のカメラの見本市が、新作の発表の場となっていて、日本のカメラショー「CP+」よりも、フォトキナを重視する傾向はかわらない様子で、続々とリーク&発表があります。

こっちとしても、実に楽しい時間でございます。

今度は「PowerShot G15」です。

G13とG14はどこに行ってしまったのでしょう??

ここにG12の後継機の画像がリークされ、それはG15になる。

G15のスペックはG12にとても近い。G15には、Digic5とF1.8の明るいレンズが採用されている。その上、フラッシュがポップアップフラッシュになっている。

PowerShot G12 の後継が「G1x」だと思っていたのですが、これは違うラインなのか、これっきりなのか?

レンズが6.1-30.5mm F1.8-2.8と、G12よりもかなり明るくなっているようです。レンズの焦点距離はG12と同じなので、センサーサイズはG12から変更されていない可能性が高そう。

そのG1xに対して、センサーサイズを変えなかったニコンのP7700は、見当違い?とも思ったのですが、実は、申し合わせたかのように、P7700の対抗馬たる、G12の後継であるG15はあったのですね。
(一応、このリーク画像がホンモノである、としてですが・・・)

P7700で無くなってしまった光学式ファインダーは、G15では継続されています。

こういう、メーカーの出方、というのは、実に面白いものです。

画像

←パワーショットG1x。

パワーショットの中の上下関係、なんでしょうか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
光学式ファインダーの有無、、、
出来が悪ければ存在理由も無く、廃止もありかも?しれません。
007
2012/09/17 17:56
ブレ補正も効き、高感度も良いので、G1xでは光学ファインダーは使いませんですね。
光学ファインダーが必要だったのは、感度が低く、ブレ補正も無かったころのはなし、という感じがします。
光学ファインダーの視野率90%以下、という感じで、フレーミングは「だいたい」です。フレーミングはできません。
三日ボーズ
2012/09/17 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノン パワーショットG15 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる