倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS iPhone5の紫フレア?

<<   作成日時 : 2012/10/08 15:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
iPhone 5カメラに「紫色のフレア」が時折写り込むり込む傾向(これは iPhone に限った問題ではないらしい)があるんだそうな。

(写真:TechCrunch)

アップルはこの問題に対して・・・
「カメラを少し動かしてレンズに明るい光が差し込む位置を変えるか、レンズを手で隠すことによって、問題を最小限にあるいは回避することができます」と、コメントしているとか・・・

レンズを手で隠す、というのがヘンで「それじゃ撮れないじゃん」と普通は思っちゃいます。

これは、プロが良くやる「ハレ切り」というのもを言っているんだと思われます。
これは「ハレーションを防ぐ」という意味で、フードの無い大判のカメラでやることで、一般のカメラではレンズフードを着ければ、だいたいは防げます。

カメラの画角(写る範囲)以外から差してレンズに直接当たる光を、手をかざして帽子のツバのようにする、あの形で撮れ、と言っているわけです。

でも最初に載せた「作例」は光源から直接出ている滲みなので、これは防げません。

アップル社では、この「紫フレア問題」をiPhone 5の「正常な」振る舞いであると表明しているらしいのですが(要するに異常ではない、と)・・・

一部ですでに疑われているところによると、これはiPhoneの新しいレンズやカメラセンサーによるノイズの扱い方とは何の関係もない。
本当の理由は、特定の角度からカメラに入射する光によって、「カメラモジュール内部の表面に反射してカメラセンサーに到達する」現象が起きているからだ。

・・という説もあります。が、これだと、紫になる理由が乏しい感じがします。

これは先にもあるようにiPhone5に限ったことではないらしい。
カメラモジュールは、おそらくどれも似たような作りになっているだろうし、メーカーが限られている、ということも考えられるので、アンドライドの方でもでるということなんだと思います。

この「作例」では、光源が蛍光灯かもしれない、という点も気になります。

蛍光灯の補色に近いのが紫であるので、ホワイトバランスが過剰に補正されたか、この問題の光源だけ蛍光灯ではなかった、ということも・・・ないことはない、と思えます。

しかしながら、屋外での写真にもでているから、蛍光灯に合わせたホワイトバランスではないようですね。

サファイヤ製のレンズカバーのせいだろう、とも言われているようだけれど・・・これはあまり関係無いでしょう。

画像
一眼レフで「パープルフリンジ」というのが問題になることがあります。

画面周辺の明るい部分に紫色の滲みがでるというもの。

例えば、木陰で、葉が茂った木を見上げるように撮ったばあいを想像してみてください。
その画面周辺にある、空をバックにした葉っぱの縁に、紫色の滲みが出るのです。

なぜ、紫色か?・・・多分、紫が一番大きく屈折する光であるということかもしれません。

レンズの周辺では色収差・コマ収差・球面収差などの収差が出やすいので、紫色だけが大きく屈折するので目立つ、ということだろうか・・・と思っていたのですが・・・これも「作例」ほどの滲みにはならないでしょう

実は、フィルムカメラの時には、こんなに目立って出ることはなかったので、おそらくこれは、デジタル特有のものだろう、ということは、想像がつきます。

色収差がある場合、例えばそのピントが合った緑に対し、ピンぼけしている赤と青が縁からはみ出して紫色のフリンジとなる。・・・ということがあるらしい・・・です。

また、これはデジタルに限ったように、デジタルになってから問題になっているので、デジタルの何かが問題なのだろうと思えます。

画像
Wikiを見たら・・・

デジタルスチルカメラに使われている撮像素子は沢山のフォトダイオードのセルから成るが、画像の高輝度部分においてあるセルに大量の光子が入ることで発生した電子数が飽和レベルを越え、溢れた電子が近傍セルに入ってしまうことを主因とする。
デジタルスチルカメラの撮像素子の多くは緑色の感度が高く、ホワイトバランス機能によって赤色と青色にゲインがかけられて色バランスが整えられる。このゲインは溢れた成分に対しても一様に適用されるため、紫色の偽色となって出ることが殆どである。

・・・・ってかいてあった。

なんのこっちゃ・・・?

明るい物、あるいは明るい物をバックにした被写体の回りにグルッとできるのは、レンズ収差というせんは薄いと思います。

ようするに、光源などの明るすぎる被写体が画面に入ったがあいは、センサーの問題が起き、画面周辺のときにはレンズ収差の問題が起き、合わせ技1本!ということもある、というこでしょうか、ね?

そこはそれ、デジカメじゃぁないんだから、これくらいはシャーナイんじゃないでショか?

あんな小っちゃいレンズとセンサーですからね、いくら何でも、デジカメ同等を要求するってのは酷ってもんですわな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、でも、最初の写真の紫は、パープルフリンジにしては、フレアっぽいから、やっぱ、ガラスのフレアなんでしょか?
・・・ワカンネ。
三日ボーズ
2012/10/08 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
iPhone5の紫フレア? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる