倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎月20日は・・・

<<   作成日時 : 2012/11/22 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
毎月20日は・・・そう、カメラ雑誌の発売日。
これは、もう、私が写真を始めた頃から変わってません。

で、また、カメラの話し・・・を何でするかってぇ〜と・・・
これが一番アクセスが多いからであります。(-_-)

秋は、ドイツで開催されるフォトキナ、というお祭りがあって、それに合わせて新製品の発表・発売をするメーカーも多く、それは、来るべき年末商戦へのアプローチにもなるわけで、この時期のカメラ関係は熱いのであります。

E-M5で高評価を受けているオリンパスは、単焦点の良いレンズを出してくるようで、レンズに重きを置いて、カメラの方は、ちょっと変化無しでしょうか?

画像
気になっているパナソニックGH3は、やはり仕上がりは良い感じです。

中でも気になるGH3のセンサーですが・・・

「月刊カメラマン」の「間違いだらけのカメラ選び」という特集におけるカメラマンの対談で、マルチアスペクトが無くなったことに触れて・・・

「自社開発を諦めたんだよね。あとはエンジンの違いだけ。もう見せ所はそこだけだよね。(略)たぶん引きずってたら『またこの程度の高感度かよ』となっちゃう」

・・・という発言がありました。

マルチアスペクトは、GH2の目玉のひとつだったと思います。
私がGH2を買った理由のひとつが「これ」でした。

これをやめるということは、センサーを自社で作るのではなく、また、設計をして作ってもらうのでもなく、出来てるものを買う・・・ということになるのではないでしょうか?

だとすれば、有力なのがオリンパスと同じセンサーということになるんだと思うのです。

パナソニックがソニーから買う、ってことがあり得るか?・・・という問題ですが。

パナソニックのカメラは、とても着実に進歩している感じがします。
キチンと改良している、という感じがします。
旧ミノルタの人たちが頑張っているのかな?という感じです。

オリンパス OM-D E-M5の、暗い所でのブレ補正(パナソニックのブレ補正が入って無いレンズでの)は欲しい機能です。これが必要故にE-M5が欲しい、と思うわけです。

パナソニックの金属音っぽい音に対して、E-M5の、ちょっと隠ったようなシャッター音が、私の撮影目的に適合するので、GH3とE-M5は、悩むところです。

いっそ両方買っちゃうか、オリンパスのは E-PL5にしちゃうかですわな。

もうひとつ、GX2は、GH3と同じセンサーで、EVF無しという形になるのでしょうか?
画像
ニコン・キヤノンがフルサイズセンサー機の廉価版を揃って出して、フルサイズが身近に感じられるようになって、同時に、APS-Cサイズ、というものが入門機になってゆくのか?という感じがします。

良いレンズが出ません。
もともと、センサーサイズに対してフランジバックが長いので、広角レンズの設計が大変なのは分かるんですが、それにしても、メーカーの力が入らなすぎです。

時代の流れは、やはり、フルサイズへ行くのでしょうか?・・・行くのでしょうね、多分。

私もニコンD7000は、一眼レフとしての使用感が気持良いので使っています。
小僧の野球などを気持良く確実に撮るのには、やっぱり「コレだ!」という感じがします。

小僧の野球もあまり撮らなくなるし、そうなると結婚式などのイベント用、という感じになっちゃうので、いっそ「18-300mmのズーム1本で良いのではないか?」というような気がしてきました。

やっぱり、一眼レフカメラとしての魅力はありますから、このD7000のクラスのAPS-C機は有り続けて欲しいものです。

この下のクラスのAPS-C機を使う気にはなれません。オモチャっぽくて。
それなら、μ4/3機で良いのです。

やっぱり、E-M5とGH3、でしょうね。気にすべきは。

GH3。・・・期待してます。

実機を見て、お値段落ち着いたら買うかも、です。

画像
動き物を撮るのに、案外、ニコン1の「V2」が良さそうです。
どっちかつーと、その次の「v3 →ブィ スリィャーーー!」に期待したいところだったりします。

「ニコン1」は潜在力がありそうな感じで、伏兵!・・という感じ。

キヤノンのミラーレス EOS-M は「ヱヴァンゲリヲンQ」と同じで「次」がでないと「ワケワカンナイ」物です。これだけでは、まったく判断できない過渡期とも言えるもので、準備段階、という感じの中途半端なモノです。
だめですね、あれは。
かなり、間違っている感じがします。


・・・なぁ〜んて・・・

デジタルカメラあれこれと言いつつ、実は、ここんとこ青空がキレイなので、マミヤ7Uを持ち出して、アチコチ撮って歩いてます。

私の場合、あくまでも中心にあるのはフィルム!・・・ということで。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今後はメーカー主導により、
1.フルサイズ一眼レフ機
2.APS-Cサイズミラーレス機
3.コンデジ以上μ4/3以下機

の、大雑把に3つに分類されそうな気がしますが?、はて、。
007
2012/11/24 05:53
ニコンD7000は凍結、その後デスコン?でしょうか、。
007
2012/11/24 06:01
D7000のお伴にV2、、、

レンズ資産の活用もできてGH3でしょうか、?。
007
2012/11/24 06:04
おっしゃる通りだと思います。
APS-Cは、まだまだ価格に倍以上の開きがありますから、そのメリットはあるでしょうが、3年先は分からない感じがします。
DX旗艦と言われたD300の後継的機種が出るのか?にかかっていると思います。
ニーズはドンドン少なくなっているとは思いますが・・・

パナソニックのレンズは、どれも間違いが無いものだと思います。
トータルで見ると、おそらく全体ベスト。高画質とコンパクトがマッチしたもので、GH3も、それほど大きくはなく、むしろ持ちやすいくらいだと思えるので、私としては「買い」だと思っています。

今は、フィルム用のレンズをちょっと買いたいです。中古が安いですから。
それで撮っていて、FXが安くなったら、導入、でしょうか?

「ニコン1」は、ニコンの本気度が結構伝わってくる感じがしますね。
三日ボーズ
2012/11/24 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎月20日は・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる