倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ISO3200での4機種比較(その2)

<<   作成日時 : 2012/12/16 18:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

GH2。こうやって見ると、やっぱりメリハリが無いという感じがします。画素数なりの解像感はあると思うのですが、元々のノイズが多いので、ノイズ消しの不自然さは少ないのですが、やっぱり、キリッとしない感じがします。ノイズリダクションは標準です。

全体を見るとそんなに悪くはないのですが・・・こうして細かく見ると、基本的はセンサーの性能の限界を感じます。光りが弱い部分での画質の弱さを感じます。
明るい所では、ダイナミックレンジは狭い感じもしますが、まあまあだと思います。
動画を撮りながらのスティルを撮る、という時にだけ、利便性重視で使っていたカメラです。

画像

ニコンD7000。結構、粒子が見えますが、ディテールはありますし、むしろ、これくらいの粒子があった方が自然な感じと言えると思います。やはり、これが一番自然な感じがします。
GH2の画質を「弱い」と評するなら、これは「強い」という感じがします。

画像

キヤノンG1x。平らな所のノイズ消しが、そんなに目立つでもなく、精細感は結構あると思います。
コンデジのような形・位置づけですが、大きめのセンサーは画質に余裕が感じられます。
高感度性能も、解像度も、何より、一枚の写真として、時々「おっ!」と思うような良い雰囲気で撮れることがあります。

画像

そしてE-PL5。一見シャープ、という感じですが、シャープネスもノイズリダクションも、デフォルトでは強過ぎの感があります・・・が、全体を見ると、メリハリがありますし、一番シャープに見えるということかも知れません。
実際、解像度は高く、ノイズも少ないことは確かだと思います。
プリントしたとき、パソコンのモニターで見たときに、よく見えるんだと思います。

どれも、2Lくらいのプリントでは比べても分からないかもしれませんし、A4位のプリントでも、そんなに差が無いかもしれません。
パソコンで等倍にしてわかるようなものですね。
後は、実際にプリントした時に、どういった違いがでるか?ということですね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
E-PL5・・・なかなか良いみたいですね、、、

新しいμ4/3機は古いAPS-C機を凌ぐ事になりますね、、、

やはりデジカメにおいて最善は最新也ですね、。

007
2012/12/17 06:02
画像エンジンが、よりシャープに見せよう、としているような感じがします。
基本性能は十分高いと思うのですが。
やはり、コンデジの延長線上で、コンデジからの乗り換え需要を考えているんだと思います。おそらく、E-M5とは違うんだろうと思いますが・・・
私のGH2は、GH3になっちゃうような気がします。
三日ボーズ
2012/12/17 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ISO3200での4機種比較(その2) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる