倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた、ブライダル・カメラマン

<<   作成日時 : 2013/02/21 13:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
・・・と言っても、今回は、本職のブライダルカメラマンの女性がものすごく頑張っていたのと、新郎の寺の檀家さんのカメラマンの方も、これまた頑張っていたので、出る幕が無い感じでございました。

ま、いつもの調子で、ブライダルカメラマンとは、違う写真になるように努めたつもりですが・・・

特に、お檀家さんのおじさんが頑張っておられました。
カメラもレンズも完敗!でした。(-_-)

今回の失敗は、始めにカメラの設定などをチェックしていなくて、AFモードがAF-Cというモードになっていて、新婦にピントを合わせて、シャッター半押しで、新郎も入るアングルにしてシャッターを切ると、ピントが中抜けになっていた・・・ということに途中で気がついた、ということでしょうか?

滅多に設定はいじらないんですが、年末にいじってから、そのままだった・・・(>_<)・・・ということでした。

GH3も使ってみました。
GH3なら、14-140mmという万能ズームがあるので、便利なのですが、これだけで撮る。という自信がなく、結局、D7000中心。

使い勝手としては、昔のフィルムカメラのように使っているのですが、結婚式場のスポットライト的照明と、カメラの感度と、ストロボ光のバランスが、未だによく分かりません。

フィルムの時と違うのは、この発色が、気に入らず、どうやったらいいのかが分かりません。

あとで、本職が撮ったものを見せていただけば良いのかも知れません。


そういえば、ブライダルカメラマンの女性、すげぇ〜です。
最近は女性が多い感じがします・・・っていうか、最近、女性しか見ません。

今回の結婚式では、洋装にお色直ししてから、普通「キャンドルサービス」になるところを、テーブルひとつひとつで、全員と新郎新婦が記念写真を撮る、ということで、アシスタントのような、サブのような、ちょっと若い女性カメラマンと一緒に、中にはもうできあがっちゃってる酔っ払いに言うとおりにさせる、という大変な作業をやっておりました。

アイデアはあっても、実行に移すのは却下したい企画ですが・・・頑張っておりました。

「すげぇ〜」と思いますです。

「あれはできねぇ〜」とも思いますです。

ニコンD7000、イマイチ使い切れてねぇ〜なぁ〜・・・と思った矢先に、ニコンD7100 情報のリークで、グラッときました (^^)/

GH3は、なかなか良い感じで使えました。
ISO1600は楽勝で、L判なら3200でも6400でも行けそうな感じです。

ピントも良いし、手を上に伸ばして、バリアングルのファインダーで撮る、ということに関するストレスの無さは、やっぱりミラーレスだと思います。

ニコンもD5200になって、ライブビューがかなり早くなった印象がありますが、やっぱり、ミラーレスには敵いません。

この点、まだ「使い分け」という感じです。

もうちょっと慣れれば、GH3だけでゆけそうな感じはあるのですが、時々、意味不明のピンボケを作るのが、理解できません。

これだけ高感度性能が上がると、ホブワイとバランスをオートにして、ストロボを使わず、会場の明かりと、スポットライトも、そのままでオッケーなのかな?・・・と思ったりしています。

ワザとストロボを切った写真が、思いのほか、良かったですからね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お!これはKM寺さんの結婚式でしょうか。
つる
2013/02/21 19:01
イエス、キリスト!

新婦側のゲストに松本明慶大仏師がいらっしゃって、驚き!
三日ボーズ
2013/02/21 19:56
デジタルになってから?女性カメラマンが増えたようですね、、、
多分挙式の中に組み込まれていて、他の業務もこなす?のではないかと推察します、、、経費削減と同姓故に控室にも出入り出来て撮影の幅が広がるしし、、、もう6x7とか使わないのでしょうね、、、。

デジタルの場合、輝度差に露出が敏感なようでホワイトバランスと共に要注意です。
007
2013/02/22 05:44
あ、この前のは男でした。
新郎新婦席の後ろに友達が並んでの写真を、そいつらのカメラ一個イッコそれぞれで撮ってあげる、という「サービス」も、大変だなぁ〜と思ってました。
三日ボーズ
2013/02/22 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
またまた、ブライダル・カメラマン 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる