倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンD7100、正式発表

<<   作成日時 : 2013/02/21 16:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
「デジカメWatch」によると・・・

店頭予想価格は、ボディのみが14万円前後。
18-105 VRレンズキットが18万円前後。
16-85 VRレンズキットが21万円前後。
18-200 VRIIレンズキットが23万円前後の見込み

・・・ということだそうな。

D7000は併売され、ニコンは「D7000の後継機種ではない」と言っているらしいけれど、価格的に、下落したD7000との差があるだけで、価格帯の差は、思ったほど無かったと思います。

ローパスフィルタを外したことで、安くなってる部分もあるのかも知れません。
案外お値段は張るらしいです、ローパスフィルタって。

D300Sの後継機的な部分もあって、もうちょっと高くなるのでは?と思っていましたが・・・
まだD300S後継機の希望は無くなってはいないのでしょうが、あまり必要ないように思います。
連続コマ数など、スピードを強化した物があれば良いのでしょうが、だんだん、フルサイズ機と、APS-C機との棲み分けができてきたように思います。

公式に、しかも、初めからローパスレスで設計された、というのは「ニコン1」を除いて、煮込んでは・・いや、ニコンでは、初めて。
35mm一眼レフタイプのカメラでは、初めてでしょう。

ファインダー視野率など、メカニック的な基本性能は、D7000がベースになっていることは間違いないようです。

新しい機能は、画素数が上がったことによって・・・

「対DX 1.3×クロップ」撮影という機能が付きました。

撮影画角を、フルサイズからDXフォーマットに切り取るように、DXフォーマットからその一部を切り取る方法で、約1.3倍、望遠寄りになるというものです。
FXフォーマットから見ると約2倍のクロップとなって、より長い望遠レンズとして使えるわけです。
このときの撮影画素数は最大約1,540万(4,800×3,200ピクセル)となるそうです。
画素数は十分です。

これは面白いかも知れません。
野球など撮る時に使えそうです。

ここんトコしばらく、自分にとってのAPS-Cフォーマットのカメラをどうするか考えていました。

それは、広角側のレンズを使って取材するような時には、荷物を小さく軽くできるマイクロ・フォーサーズを中心にして、望遠レンズで撮るスポーツなどの動く物や、この前の結婚式のようなのをAPS-Cにする、という考えにまとまりつつありましたので、今回のこの「対DX 1.3×クロップ」は「願ったり叶ったり」ということでもあります。

APS-C機は、広角が設計上難しく、マイクロ・フォーサーズは、やっぱり望遠で動く物を撮るのは苦手です。
ファインダーが液晶のため、どうしてもシャッタータイムラグが明らかに大きい、というか、画像自体が遅れて見えているわけで、瞬間にシャッターを合わせる、というのは、大変難しいものです。

この2点の「棲み分け・使い分け」なんだと思っています。

2,410万はちょっと画素数が多すぎで、データが大きくなりすぎですが、ローパスレスと併せて、文献複写に使えるかな?・・・という点では、これも「願ったり叶ったり」という感じでもあります。


さて、要らない物を整理して、お金を作るとしますか・・・・(^^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3100、5100の流れで7100ですから、、、後継機でしょうか、、、

モードスイッチにロック機構追加で細かい改善をしてるようですが、、、
ゴミ対策は果たしてD80時代から進化している?のでしょうか、三日ボーズさんのD7000は如何ですか?、、、

小生は一度ゴミ写りで撮り直しの経験があり、レンズ交換はしません、、、
μ4/3機のGF1の方は問題ありませんので、7-14と14-45の二本のズームを使い分けしてます。

このD7100完成度はかなりのものを感じます、キャノン同格機よりも魅力ありますね。
007
2013/02/22 05:24
D300S後継機を作ると、D600のお値段に限りなく近づいてしまって、商品として難しいんだと思います。
D600が出て、フルサイズ機が安くなって、APS-C機の立ち位置が明確になりつつあるように思います。

ゴミは、やっぱり一度掃除しました。ブロアで吹き飛んだみたいですが・・・

ゴミを気にしなきゃならない、ってのも、デジタル一眼に集中できない理由のひとつですね。
パナソニックの方では、気になりませんね。
もっとも、私もあまりレンズ交換をしませんが・・・

いきなり、予約価格が13万を切ってますねぇ〜。
三日ボーズ
2013/02/22 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコンD7100、正式発表 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる