倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 久し振り、35mmポジ

<<   作成日時 : 2013/03/11 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

いつもの、東京・新橋。智山伝法院のついでに、いつもの街をミノルタTC-1で撮ります。
フィルムはベルビア。絞りを開けたいので、ベルビアの50。久し振りのフィルムですが、ナサケナイことに、体が、デジカメでのスナップに慣れてしまっていることを気付かされます。
始めは、結構戸惑ってしまいました。

画像

コンデジに較べても、小さすぎるくらいのTC-1のボディ。それを構えてファインダーを覗き、小さいファインダー像を見てフレーミングするということに改めて慣れなきゃイカンな・・と思います。
デジカメのブレ防止にも慣れてしまったようで、デジカメのようにいい加減に撮ってブレてしまったカットも結構あって、情けないです。小さすぎてブレやすい、ということのようですね。
初心に返って・・・です。

画像

35mmポジを撮るのは久しぶりでしたが、こうしてできあがったのを見ていると「やっぱりいいなぁ〜」と思います。これが写真だよなぁ〜と思います。やっぱり、写真は「物理的に残す」というのが基本なんだと思います。やっぱり、データじゃ、イカンのです。

画像

デジカメによって撮影領域が広がったという面もあります。デジタルだから撮れる、というものも確かにあります。しかし、フィルムで撮れるものはフィルムで撮る、ということをこれからもやって行こうと思います。

画像

TC-1、やっぱり良いカメラでした。この小さいボディに、よくぞ、これだけの写りをする物を詰め込んだものだと思います。
ミノルタにおける、機械仕掛けと電気仕掛けのカメラの、最終到達点だった、といえるのかも知れません。
これまで、あまり35mmカメラを使ってこなかったのですが、こうして使ってみると「やっぱりいいなぁ〜」という実感が得られます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
使う人のみぞ知るフィルムの良さ!ですね、、、

TC-1はコレクションカメラみたいだったようで、、、
小生所有のクラッセ等は昔たまに他所で見ましたが、、、
TC-1と違いオート主体のカメラですから、物足りないコンパクトカメラです(^_^;)
007
2013/03/11 03:44
いやいや、TC-1もオートで撮っていますが、これは、絞り優先でしか撮れません。
やはり、色の深みが違うという感じでしょうか?
デジタルで色を強くしても、空々しくなるだけで、ちょっと違うと思います。
三日ボーズ
2013/03/11 09:02
実はTC-1の作例をずっとお待ちしておりました。

すごい。。。暗部からの立ち上がり(グラデーション)がすばらしいですね。5枚とも「作品」ですね^^ カラー・モノクロネガも相当期待してしまいます。
34n
2013/03/11 21:29
追伸

私も手に入れたくなりました。(^_^;)
34n
2013/03/11 21:34
簡単なスキャナーでデジタル化していますので、再現性はイマイチですが・・・
実際のレンズの描写は、カリカリなシャープさ、という感じです。
多分、カラーポジがよいのだろうな、と思った通りの、コントラストが高い感じです。
さて、モノクロはどうでしょうか?
ネガはどうかな?とも思いますが、そこまで使えるかどうか?
おそらく、ベルビアだけを使ってゆくのではないかな?と思っています。
こういうのを見ると、クラッセとか、GRとかはどうなんだろ?・・・という気持ちになってきて、ヤバイですね。
三日ボーズ
2013/03/11 22:12
既にご存知と思いますが、、、

クラッセの作例は既刊「長良川鉄道STORY」のP43に掲載しています。

そういえば・クラッセ・、、、使ってないですね、養老鉄道の取材に一度は使おう、かと思います。
007
2013/03/12 04:56
父がコンタックスT2を持ってまして、随分使わせてもらいました。
実によく撮れるカメラでした。
まだ使えるみたいです。使ってませんが・・・
カメラを使う、そのフィーリングが良い、という感じでした。
色々気になってしまうのですが、昔高かったカメラが安い!というのが魔物でして、増やしたくないのに、増えてしまうという状況・・・
父が、何台も買って死蔵している人なのですが、今、同じになってゆくような感じがしております。
蛙の子は蛙、なのであります。
三日ボーズ
2013/03/12 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
久し振り、35mmポジ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる