倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS D7100+GH3+E-PM5

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
手元には、現在、3台の一眼デジカメがありますが、レンズの使い方も含めて、この形でほぼ固まっております。
どれも、レンズ交換式でありながら、ほとんどレンズ交換をしない状態です。


D7100・・・

これは70-300mmが着けっぱです。
D7100のメリットは、光学ビューファインダーでの、従来の一眼レフから続く操作性のカメラで、私にとっては35mmフィルム一眼レフの延長上にあります。

これまで35mmネガで撮っていたような、例えば結婚式などのイベントを撮るようなケースが多々ありました。
子供たちの野球などの試合、運動会、学校の色々なイベントなどもそうで、これはニコンの35mmの一眼レフ「F-90x」で撮っていて、多くは「プリントして差し上げる」というケースが多い写真です。

現在でも、それらのプリントは、L判か、2L判までがほとんど。希に六つ切(A4)。
画像
以前、キチンと撮る時にはマミヤ645やマミヤ7に、リバーサルフィルムで撮っていました。
35mmを使うときも、コンタックスの一眼レフにポジフィルムで撮っていました。

35mmで撮る時には、AFカメラにズームレンズのニコン(レスポンス優先)と、マニュアルフォーカスカメラに単焦点レンズのコンタックス(写り優先)、という区別をしていました。

ニコンの一眼レフを使う時には、機動性などが優先される場合で、早く・気持ちよく撮る、という用途に使っていました。
コンタックスを使う時には、ジックリ撮るような時でした。

求人雑誌とか、タウン誌とか、地元の広告代理店やデザイン事務所からの仕事をちょっとしていました。
広告はほとんどブロニーでしたが「これは35mmで撮るか」という時にはコンタックスでした。
記事などが主でした。

当時、雑誌や広告で使う写真は、最低「ブロニー」の大きさ、ということが一般的で、その場合は「マミヤ645」を使うことがほとんどでしたが、場合によって35mmを使うこともあったのです。

D7100は、機動性とレスポンス優先の「ニコンF-90x」の延長線上で「早く・気持ちよく・間違いなく撮る」ということが、デジタル化でより良く可能になったという感じのものです。

かつてコンタックスで撮っていたような写真は、今は撮らなくなりました。

D7100では、せっかく画素数・解像力が上がったので、複写用途にも使おうと思っています。
これまでのも、撮り直しましょう。

他に16-85mmもあって、広角24mm相当からですから、これでほとんどオッケーです。
問題は、これに、10-24mmを加えるかどうか?です。

画像
GH3は・・・

これは、12-35mmが着けっぱ、です。

パナソニックのレンズは、他に、7-14mmと、フィッシュアイがあります。
他のレンズは近いうちに、多分処分すると思います。

14-140mmもGH2と一緒に買ったのですが、この便利なズームを使うようなシーンではGH3は使わず、D7100が相応しいと思うので、D7100に18-200mm位のレンズが必要と思っています。

GH3の高感度性能は、なかなかのもので、ISO1600は問題無く、3200でも行けそうですが、ブレ補正とショックの無い電子シャッターが使えるので、1600で十分だと思います。
レンズは明るいし、開放でも画質は問題無く、その分、開放でも被写界深度が深いのがマイクロフォーサーズのメリットです。

よく、フルサイズとかAPS-Cと比較して「マイクロフォーサーズはボケない」と言われますが、私にとっては被写界深度が深いことは、大きなメリットです。

これが、APS-Cやフルサイズだと、開放での画質は悪く、被写界深度も浅くて、せっかくの「解放 f2.8」が活かせません。
結局、これは使いにくく、今回トキナーの11-16mmを処分してしまったのは、このような理由によります。

フォーサーズと、マイクロフォーサーズは、センサーサイズが小さい故に「開放でバッチリ!」なレンズができたわけです。
これは、フィルムの時代には無いことでした。

また、GH3の電子シャッターは、音が出ないのも大きなメリットで、動きの無いモノを撮るには良いモノです。

これに、35-100mm f2.8 を加えるか?・・・が迷う所です。
何せ f2.8で、あの大きさ(小ささ)はメリット。使ってみたいものです。

ニコンでは70-200mm f2.8がありますが、これはベラボウに高くい上に大きくて却下です。

しかし、70-200mm f.4というのが出ました。お値段は f2.8のほぼ半分。迷うところです。
これはフィルム一眼レフにも使えますから。

フィルム用も兼ねてニコン用に70-200mm f.4を買うか、GH3用に、12-35mm f2.8 を買うか、というのが、今後の課題です。

GH3を使う用途では、ソニーのNEXは、音が大きくてだめ。
フジの「X-Pro1」と「X-E1」は液晶モニターが動かないのでダメ。
今のところ、私にとってGH3は「これしかない」という感じのカメラです。

画像
E-PL5は・・・

GH3に7-14mmを付けると、ブレ補正が効きません。
ブレ補正が必要ないところでは、このレンズはGH3に着けますが、ブレ補正が必要かな?という時と、GH3+12-35mmと、取っ替え引っ替えで、一緒に使った方が便利な時(レンズ交換が面倒な時)には、E-PL5に7-14mmを着けて、2台体制で撮ります。

また、現在ではE-PL5は「GH3のスペア」という意味もあります。
GH3とE-PL5は、上手く補完し合っている、という感じです。

GH2は、まだ手元に残っていますが、GH3を使ったら「もうこれは使えない」という感じなので、GH2は近々処分するつもりです。

そうすると、GH3のスペアが無くなってしまうので、スナップ用にパナソニックの14mmを着けて持って行って、GH3のサブとして使う、という形です。

この2台は、液晶モニターが動くので、手を上げて高い位置から撮るようにすると、超広角と、フィッシュアイで効果的に撮れるというのが、メリット高いです。

全部を持って行ってもシステムが小さくて済むので、写真だけでない取材にはマイクロフォーサーズだけでオッケーです。

このE-PL5があるので、よさそうですが、これと被っちゃうし、7-14mmを着けたときにブレ補正が無い、というのが、デメリットなので、同様な感じのGF6は「我慢」な訳です。

・・・・

迷うのは、ニコンに超広角レンズが必要か?ということと、マイクロフォーサーズに35-100mmが必要か?という点です。
これを買うと、双方に、ほぼ同じようなレンズが着くことになって、被ってしまうのです。

2台を同時に使って、広角用と、望遠用と使い分ければいいのですが、2台持ちたくない時には、レンズ一本を着けたままでオッケーというのは、大きなメリット。
結婚式や、イベントの記録などの依頼仕事にはメリット大!ですから・・・


これに、フォローとしてキヤノンのG1xを持って行くこともありますし、G1xは、これ一台で済ませることもできます。
「ただ記録写真が欲しい」という時には「これだけですよ!」ということが何度かありました。

実は、よくよく考えると、G1xは、GH3と被ってる感じがします。

G1xの映像エンジンがなかなか良くて、これだけで十分、と思うときもあります。
これは、ホワイトバランスを常に「太陽光」にして、フィルムで撮る感じに設定して、メインカメラとはちょっと違う写真が撮れるように、という形のフォローとして使うこともあります。

広角の28mmだけでしたら、レンズも明るいですし、高感度画質も良く、音もせず、ブレ補正も効くし、可動式液晶モニターもあり・・・やっぱ、被ってました (^^)

フィルムで撮りたい時のフォローという使い方も多い感じです。


リコーのGRXは、完全な趣味の世界。
SWH15mmを着けてのスナップ用です。


キヤノンS100は、ブログ用の常に持ち歩き用。

・・・・

現在、これで、妙に落ち着いている感じです。

完全に「役割分担」ができました。


・・・と、自分に言い聞かせて「落ち着け」と言っている訳ですね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
着々とデジタル連合艦隊構築ですね、、、
小生の場合は停滞現状維持です。
007
2013/04/12 09:56
各方面に擁立されたデジタル傀儡政権は、しかし、主権国家たらず。
アナログフィルム国家は、依然として主権を握る。
デジタル連合艦隊の影に、フィルム戦艦は確かに存在する。
戦争が飛行機が主力になっている時代に作られた戦艦大和の如く、重厚なるフィルム艦隊は、デジタル連合艦隊と同様かそれ以上の戦力となるのであ〜る。
三日ボーズ
2013/04/12 11:14
願わくば・・・
一度は沈められた大和が「ヤマト」となって蘇った如く、フィルム艦隊も蘇らんことを!
三日ボーズ
2013/04/12 11:16
御意(^−^)v
007
2013/04/12 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
D7100+GH3+E-PM5 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる