倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 比叡山 延暦寺へ・・・

<<   作成日時 : 2013/10/23 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

いつもの弾丸、です。
昨日、伝法院の講座を受けた後、東海道新幹線に乗って京都へ。

この時期、京都のホテルは取れません。・・・が、なぜか、昨晩だけ格安ビジネスホテル「R&Bホテル」が取れましたので・・・

画像

いわゆるひとつの「根本中堂」ですわな。紅葉はホンの少し・・・。まだまだ、これから、であります。

これは、本日着いたときの写真。午前9時過ぎ。雨かな?と思って行ったのですが、この時は、まだ・・・

画像

午前10時からの一座の法要が終わった時(11時45分頃)には、雨・・・というより、比叡山は「雲の中」。

画像

良い感じ、出てます。ホント、雲の中。雨自体は、パラパラなんです。

画像

深遠なる森の木々・・・という感じであります。下は、根本中道の屋根。

画像

同じく、根本中堂。
ところで、この「根本中堂」というの「こんぽんちゅうどう」でなく「こんぼんちゅうどう」・・「ぼん」と濁る、と聞いた記憶があるのですが・・・不確か。だれか、おせ〜て。

画像

こういう天気も、また、良いものです。普段は、ナカナカ見ることができない遠慮クジ・・・いや、延暦寺の顔。
ところで、比叡山のこの「延暦寺」という寺号ですが、比叡山に延暦寺という建物はありません。
比叡山という山ひとつがひとつの寺、というと、また何だかヤヤコシクなりますが・・・

この根本中堂がある「東塔」と「西塔」それに「横川(よかわ)」という3つのセクションを総じて延暦寺と言っている・・・で良いのかな?

画像



画像

比叡山では、あちこちに「撮影禁止」「撮影厳禁」の表示があります。
「撮影禁止」ということへの疑問符は以前何度も書いていますが・・・ちょっと皮肉を込めて・・・
こ〜んなのは、やっぱダメですかいな?
中に入って撮るのがダメなのか? 外から見えちゃうのはいいのか?
高野山の奥の院の参道の理屈だと、奥の院手前のナントカ橋を渡ってからはダメなので、手前から見えるものは撮って良い、ということ。

画像

午後の法要が終わって、ギリギリ乗れたのが、3時半のケーブル。
比叡山ケーブルは、毎時、0時と、30分の、時間あたり2本で運行しています。この便には、私ひとり。
独占です。

そういえば、以前、関西の(恐らく大阪)のおばちゃん軍団4〜5人が一緒だった時があったのですが、その時は、この10分余りが「拷問!」でした。
いやぁ〜、うるさいの何のって! 我が精神が壊れると思った!! やかましさと、話しの内容のどうしようもなさ!・・・で。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、今回のカメラは、パナソニックGH3。
どうせ法要は撮れないってことは分かっていたので、何でも良かったのですが、最近使ってなかったのと、ま、なんか撮る物もあるだろ・・・と思って。
よかった、ある程度ちゃんとしたの持ってて。
結構、良い風景でした。
三日ボーズ
2013/10/24 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
比叡山 延暦寺へ・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる