倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルム X-M1、について考える

<<   作成日時 : 2013/10/03 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

「色が良い」という評判の富士フイルムのデジカメ。
中でも「X」シリーズのミラーレス(という分類も、これはなんか違う感じがする・・)の評判を確かめたくて、買ってしまったX-M1。

最初のX-Pro1、次のX-E1と、同じセンサー&画像エンジンにて、前2機種と「同じ画質」ということなので、レンズは違えど、色などの画質は分かるでしょう。

・・・で・・・ナルホド、色など、トータルの画質は良い感じです。

ただし、カメラとしては「イマイチ」な感じ。
やっぱり「廉価版」という感じがしてしまいます。

レンズとボディを足して「軽い」です。
レンズも「XC」という名前になって、これは「廉価版」の印なのでしょう。
マウントもプラスチックは初めてですが、ホントに大丈夫?という感じがしちゃいます。

全体的に、ちょっと軽すぎる感じがあって、小ささも加味され「これでAPS-C?」という感じがします。

それは逆に「これでAPS-C!」ということでもあるわけですが・・。

「でかいな」と思った X-Pro1とX-M1の画質が同じと言われれば「じゃあ、何でX-Pro1の大きさなの?」と思えちゃいます。

X-M1は、シャッター音がちょっとガサつく感じがします。
X-Pro1は静かでいい感じですが、X-E1は、ちょっと高音の成分が加わって、でも軽くて切れが良い感じ。
X-M1は、音の後半がガサガサしてる感じがします。
X-E1の音に、何か擦れてるか?という感じがします。油が切れたような。

シャッター音は、切れ味も音質も良くないと思います。
お店でいじっている時には気がつきませんでした。

X-Pro1、次のX-E1と・・・その「目玉」であるファインダーに馴染めず、買う気持ちにはなれませんでした。
X-E1も、画面が小さく、見え方も良くなかったし、いずれ超広角を使うときに、固定式のファインダーは使いにくい、という点で、X-E1にも手を出しませんでした。

X-M1は、フリーではないにしても、可動式のモニターがよいのと、いずれ、気に入って「X-E2!」を買っても、併用できるでしょう。

これはこのままで、超広角ズームが出た時にそれだけを買う、という「予定」もあったりします。
その時に新しい「X-E2」と超広角ズームを買うんじゃ高すぎだろう?!・・・という読みもあったりして・・・

そういう選択でした。
画像

先だって載せた写真。

フィルムモード・ベルビアで撮ってみましたが、派手ですねぇ〜!
「ホントのベルビア」だと色にもっと「深み」があるように思いますが、これ、お店プリントしてどうなんでしょ?

「れんかばん」とはいえ、レンズがデカイのは、真面目に作っている証。良いことです。
私としては、キヤノンのG1xより、広角側の歪曲収差がよく補正されている感じがgoodです。

画像

影の部分を持ち上げて出してくれる。こういうのはフィルムではできない芸当です。

キヤノンのG1xは、色も好きですし、私の中では、この2台・・・ちょっと被ってますね。
焦点距離的にも。でも、どっちも良い!

画像

Facebookに出している「今日の夕焼け」。3:2のフォーマットと、換算24mmの画角が良い感じです。

画像

ダイナミックレンジもなかなか。こういう写真が楽しく撮れそうな感じです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本日、コジマにて、X-E2をいじってくる。
隣にあったX-E1とファインダーを較べてビックリ。
X-E2のEVFが、妙に青っぽい感じで、色合いがとっても不自然。
X-E1は、それよりは普通な感じ。
なんで?
あれじゃ、使えないなぁ・・・
三日ボーズ
2013/11/02 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士フイルム X-M1、について考える 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる