倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 気にならないカメラ

<<   作成日時 : 2013/12/19 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

続いてカメラの与太話で失礼・・・

いまだに「なんだこりゃ」感が抜けないこのカメラ。

いじってみて、なおのこと、そう感じます。

シャッター音と、ショックが、何せ、安っぽい!

それに、やっぱ、このデザイン。

このカメラを見ていると・・・「あ、これカメラじゃないんだ」と思えてきました。

・・・そう、これはカメラじゃなくて、センサーとモニターなんだ、と。
電気的製品なんだ、と。

ミラーレス・デジカメは、レンズとセンサーとモニター。
「カメラ」という「存在感」は無くて良い。
・・・そういう物がこのSONYの「製品」ではないでしょうか?

SONYはセンサーを自製できるメーカーというか、他者に供給するメーカー。

ニコンのセンサーも多くはSONY製だと言います。

α7Rは、有効画素約3640万画素。ニコンD800と同じ、最高画素数。
α7は、有効画素数が約2430万画素。

どちらも、35mmフルサイズ一眼で最高レベル。

Eマウントというのは、NEXとフランジバックが同じなのでしょうか?
だとしたら、専用レンズの特に標準から望遠レンズが大きくなってしまうでしょう。
設計が厳しそう。

センサーは最上最高最強でも、お値段は安く、ボディも小さい。
小型化には苦労したでしょうが、一眼レフのように部品が多くはなく、構造もシンプルなので、安く作れるものだと思います。

これは、センサーメーカーが作った、センサー優先のカメラ。

「誰も作らなかったカメラ」というのが、宣伝コピーですが、カメラメーカーは、こんなカメラじゃないカメラモドキを作る気持ちにはなれないでしょう。

SONYという会社の中に、電気製品としてカメラを作る雰囲気があるのかも知れません。
レンズを作る「ミノルタ部門」とは、別の雰囲気があるのではないか?と思えるほど。

画像

この「α7・α7R」が注目されている点は、マウントアダプタを噛ませると、ほとんどのレンズが使えるようになるということ。
一番は、ライカ用レンズが使えるので、高っか〜いライカのデジタルカメラを買わなくても、ライカのレンズが使えるカメラとなります。
ライカのレンズがちゃんと使える35mmフルサイズのカメラ最安、ということです。

当然、ライカ以外でも、アダプタが出来れば、ほとんどが使えます。

こういう使い方は、以前から何度も書いていますが、大嫌いです。

もともと、デジタル化以後に作られたレンズ以外は、デジタルとのマッチングの良い物は少ないでしょう。

ましてや、オールドレンズと呼ばれる物は、写りが良い訳が無く、逆にその写りの悪さを「レンズの味」とか言って喜んでる人たちの気が知れない。
デジタルで撮ることで、古いレンズの「写り」は、より悪くなります。

周辺光量が落ちるレンズなどは、そこがなだらかに落ちなかったり、黒いベールを被ったようだったり、パープルとかマゼンタ被りになったりしてしまいます。

それを「味」という感覚がまったく理解できません。

ミラーレスデジカメが出てから、俄然注目されてきましたが・・・
古いレンズは、フィルムを使って撮るのが良いのですよ。

そりゃあ、使えるカメラが無くなってしまったり・・・というレンズが使えるようになるという点は、まあ、良いとは思いますが・・・

デジタルがあまりにキレイに写りすぎてしまって、逆に、描写が甘いということに目新しさを感じるのでしょうが・・・

嫌いだなぁ・・・そういうの。

それはフィルムで撮ればいいのよ、やっぱ。

それに「なんでもかんでもフルサイズがいい」という信仰めいた思いは、ナントカなんないですかね?

「価格.com」とか見ていると嫌になってきます。

特にソニーがこの「α」を出したのは、特にネット上のこういった、いい加減な評価に乗っかった、という感じがします。
「フルサイズ」に商品価値あり、という、ね。


こに記事を書くに当たって、改めて、コジマ電気でいじって来て・・・やっぱり好きになれない、ということは確認しました。

ただし、ソニーのデジイチは、液晶ファインダーがキレイで、これは、他社の追従を許さないという感じで、ダントツ突き放しているように思います。

「α」のデジイチの中級クラスでも「オリンパスのE-M1がいい」とか言ってるレベルじゃない!

GH3なんて「ケッ」ってな感じです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気にならないカメラ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる