倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS リコーGXR

<<   作成日時 : 2014/01/15 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

かなり遅ればせながら・・・お年賀のお写真でございます。
お馴染み、宇都宮市・花蔵院の門前標語。

ところで、この写真は、リコーのGXR+フォクトレンダー15mmで撮っています。

実は、発表された時に「あんなの、全然ダメ」と、思い切りケナシていたリコーのGXRを、まさか、買うとは思いませんでした。

それも・・・写真家、藤原新也さんが使っているから、という、ミーハーな理由で。

画像

「GoodsPress」という雑誌に始まった藤原新也さんの連載の写真が、例によってとっても良くて、そこに出ていた使用カメラとレンズの組み合わせのデータの中に「このカメラとレンズの組み合わがあった」ということを知って、ミーハー、しました。

その時、このカメラは、どうも在庫処分、という感じだったようです。
とってもお買い得なお値段になっていて「これなら・・・」とポチッた訳です。

オマケに、ちょうど良いタイミングで、
コシナ・フォクトレンダー、SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIの中古がマップカメラのHPに載り、これも速攻で「ポチッ」っとな。

これレンズも、タマ不足で、2本出たもう1本も、すぐ売れてしまいました。

このレンズはライカLマウント用のレンズを持っていて、ベッサLに着けッぱ、状態で持っていますが、とても良いレンズなので、Mマウントのも、何れ欲しいと思っていました。

例えば、GXRが壊れても、レンズは残りますから。

画像

で、こ〜んな写真を撮っているわけです。

GXRを買おうと思った一番の理由は、この周辺光量のコントロール機能でした。
古いレンズを使う時に、その周辺光量を調整することができるのですが、これに「マイナス補正」があることを知りませんでした。
マイナス・・・つまり、光量を落とせるわけです。

こういうことは、最近は「アートフィルタ」とかの機能で、たいがいのデジカメで出来るようになりましたが、GXRのこれは、やっぱり良いと思います。

オマケに、ホワイトバランス、というか、カラーバランスを、思い切り緑方向に振っています。
これも、藤原新也さんモドキ。
もっとも、氏は、ここまで下品にはしていませんが・・・

私は、まだ、慣れていないので、つい、面白くて、過剰にしてしまいます。

画像

ほ〜〜ら、こんな写真を撮ると、雰囲気出まくり、ですねぇ〜。

もう一枚。

画像

このカメラ、ついに、ディスコンになってしまったようです。
私が買った時には既に、叩き売り状態に近かったのですが、今は、逆に、デッドストックに「お値段」が付いているようです。

それなら、安かった時に、もう一台買っておけば良かった・・・なんて思いまする。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リコーGXR 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる