倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS Nikonようかん・・(^^)/

<<   作成日時 : 2014/02/11 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

資料を送って差し上げたお礼にと「Castor6」さんからいただきました、その名も南都・・いや・・何と「Nikon羊羹」!!(^^)

そういえば、こんな物があるというのは風の便りに聞いておりましたが、実際に手にするなんてぇ〜ことは、まったく考えていなかったので、この「不意打ち」に、喜んでおりますよ、Castor6さん。
ありがとうございます。m(_ _)m

画像

ところで、その際いただたメールに、我が人生を根底から覆すことかの如きことが書かれておったのです!

「ご縁を結んでいただきました御本尊様に御供えいただければ幸いです。(御本尊様、Canon派だったらどうしよう・・・)」

そうだ、御本尊様はCanon派どころか・・・そうだよ、そうだよ、観音様だったのだぁ〜〜〜!!

その観音様のお力で育ったワタクシが、あろうことか Nikonを使っているでありますよ〜?!

そりゃ、当然、Canonを使わなきゃイカンぢゃないの?!

嗚呼、嗚呼、オレは今まで、何てぇ〜罰当たりなことをしていたのであろうか?!

画像

そもそも、Canonってカメラは・・・(以下、Wiki先生)・・・

キヤノンの前身は、1933年に創立された精機光学研究所。
観音菩薩の慈悲にあやかりたいという気持ちから、同年発売予定の精密小型カメラを「KWANON」(カンノン)、そのレンズを「KASYAPA」(カサパ)と命名した。
KASYAPAは、釈迦の弟子のひとりである迦葉に由来している。
なお「性能が良すぎて、光だけでなく音まで観える」という意味も兼ねている。
1935年、世界で通用するカメラのブランド名として、Canon(キヤノン)が採用された。
「聖典」「規範」「標準」という意味を持ち、正確を基本とする精密工業の商標にふさわしいことと、KWANONに発音が似ていることが、この名称を採用した理由とされている。

・・・ということ!

「キヤノン」が「観音」だったということは、カメラ好きなら知ってる人は知ってる(^^)有名な話し!

御本尊様が観音様なんだから、キヤノンを使わなきゃ、駄目ジャン!

・・・という訳で、コレまで、私が、Nikonを使い続けてきたことが、その信仰的理由によって否定され、そして、キヤノンを買っても良いぞよ♡・・・という、信仰上必須な言い訳が誕生した♡佳き日に、よ〜かんで、乾杯!!

画像


・・・なんか、よ〜かん?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初期生産分のCANON(HANZA CANON)はレンズ供給の問題で
日本光学のニッコールつけてましたからよろしいのではないでしょうか
(プロミナーレンズつけるようになるのはもう少し時代が下がったことと
聞いております)
昼のゐこい
2014/02/11 08:58

ふざけた記事に、マジレス、ありがとうございます<(_ _)>

三日ボーズ
2014/02/11 09:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nikonようかん・・(^^)/ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる