倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラの話し・その7【富士フイルム X-M1】

<<   作成日時 : 2014/03/08 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

こうやって見ると、バカみたいにカメラがあるなぁ〜、バカだなぁ〜・・・と思いますが・・・

フィルムの時代には、使うカメラを1台決めると、そのメーカーのレンズで必要な物を買うだけ、後は撮るだけ・・・

使い分けと言っても、例えば、上級機種をメインにして、中級機種をサブにするとか、一眼レフをメインにして、レンジファインダー機をスナップに使う、というような使い方か、フォーマット(撮影画面・フィルムの大きさ)の使い分けくらいのものでした。

・・・しかし・・・

デジタルになって、バリエーションは格段に増えます。

カメラ毎に写りが違ったり、機能が明らかに違ったり、性能が違ったり・・・

そういう訳で(どういう訳じゃ?)・・・

このX-M1。

実は、評判が良い富士フイルムのデジカメの色が「どんなもんかな?」と思って買った訳です。

ホントは、良かったらX-E2を買うかな?と思ったですが、このたび、めでたくX-T1が出ました。

ホントは、ロードマップに出ていた「10-24mm」というズームが欲しくて、そのための予行練習のようなものですた。

「35mm換算15-35mm」という焦点距離は魅力的で、パナソニックの7-14mmだと「35mm換算14-28mm」で、ちょっと足りません。
望遠側が35mmまであって、なおかつ、ブレ補正もついていて、カメラの高感度性能は良いし、私が使いたい一番のレンズ!・・と思ったのです。

「これ1本でいい」と思えるレンズで「X-M1に10-24mmだけ」でも良い感じです。

それを見越して買ってみたのですが、実際、秋の京都を撮ってみたら、紅葉が実にキレイに写りました。
解像度なども良い感じです。

フジのカメラは、単なる取材カメラでなく、ジックリ作品狙いで使えるカメラだと思いましたです。

ただ、液晶モニターでは昼間撮れません。
おまけに老眼なので、EVFは必須、でしょう。

なので・・・X-E2で良しとするか、やっぱX-T1か、ですな・・・(^^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱX-T1でしょ!!!
007
2014/03/08 02:50
フジカメラは、シャッター音の感じは良いのですが、その後のブラックアウトが長いのが気になります。なんか、気持ち良く撮れない感じがします。
ひとコマ撮りで続けて撮る時に、ストレスがあります。
この点、一番気持ちが良いのがパナソニックだと思います。
フジのカメラは、風景などに向かって、一枚一枚を撮るカメラだと思います。
もうすぐ、10-24mmが来ると思うので、ジックリ試してみようと思います。
(これも、また遅れるらしいですが・・・)
三日ボーズ
2014/03/11 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラの話し・その7【富士フイルム X-M1】 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる