倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラの与太話・その1【パナソニック GH3】

<<   作成日時 : 2014/03/02 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

さて・・・そういう訳で、現在、筆者は、本山にて「行中!」でございます。
なので、ここからは、前もって書いておいた記事を自動的にアップするということにしました。
カメラがらみの与太話です。興味の無い方には、スンマセン<(_ _)>

画像

これが出る前にオリンパスのE-M5が出て、これのセンサーがソニー製だということが話題になりました。

マイクロフォーサーズのセンサーは、ずっと、オリンパスも「フォーサーズ同盟」を結んでいるパナソニック製でやって来たわけですが・・・

センサー性能は、多くのメーカーに供給しているソニー製が明らかに良くて、オリンパスもパナソニックも・・・同盟パナソニック製センサー故に、高感度性能や解像度が落ちる・・・という評判がネット上に起こっていました。

確かに、パナソニックGH2の画質には失望していて、フジのX-M1を買うときに決別・・・手放してしまいました。

そして・・・このGH3が出るときに「これはソニー製である」との評判が立ちました。

ホントだったら、大変なことです。

松下がソニーに頭を下げた!ということでありましょうか?!

自社のセンサーが、ライバル製に及ばぬことを認めた上に、その敵に頭を下げ、そのセンサーを使うというお願いをするとは・・・?!

・・・ということだとすれば・・・

「自社製よりも良い」と「認めた」物を「敵に頭を下げて」まで、自社のカメラに取り入れるなんて・・・

「それだけ良い物か?」・・・という味方もできるってぇ〜ことじゃ、あ〜りませんか。

「自社製ではショーバイにならん。ショーバイのためなら何でもするわい!」という浪速のど根性!なのかも知れません(^^)

・・・なぁ〜んて、勝手に勘ぐってみたりして・・・

ま、そんなことはどうでも、実際に画質は良いという評判だし、使いやすそうな感じはします。

有機液晶ファインダーの見にくさが指摘されていましたが、私には大丈夫、という感じでした。

それよりも、音とショックが無い「電子シャッター」や、タッチパネル液晶に触ってのフォーカスポイント移動ができるなど、私としては歓迎できる内容だったので、買うことにしました。

「マイクロフォーサーズ的には大きい」という指摘もありましたが、ニコンD7000などの、いわゆる「APS-C一眼レフに較べれば小さい」ですし、レンズも含めれば、全体としては、コンパクトにまとまると思います。

・・・で、このカメラは、期待を込めて、予約しました。
その前に、安くなっていたレンズ、12-35mm F2.8も先に買っていました。・・期待を込めて・・。

・・・で、なるほど、画質はGH2からは格段に良くなっているのがわかります。
「これなら、使える」という感じでしたが・・・

・・・で、後から出るカメラを店頭でいじっているうちに、ファインダーの見えの悪さが目に付くようになってきました。

「技術」は日進月歩!なのであります。

ある機種が発売された直後にブレイクスルーがあって、例えば、液晶の画素数がアップする、ということもあったりします。
このGH3が、正にソレでした。

そして・・・

標準レンズとしての12-35mmの、広角側は良くても、望遠側が足らない、と思うことが多かったのです。
私の使い方では、開放F2.8というメリットを感じるケースはあまりなく、それより、12-35mmという3倍ズームの「足らなさ」の方が勝ってしまったという感じでした。

これなら、14-140mmを残しておけば良かった、とチョビット後悔。

でも、この14-140mmは、GH2と合わせて使った時の、その画質とピントの悪さ(時々外してくれる)がイヤになって手放してしまったわけですが・・・。

しかしながら、レンズを何本か整理して、今回また、14-140mmの新型を買いまして(買い戻して?)・・・今は快適なのであります。

このレンズ、新型になって、12-35mmとほぼ同じような大きさになって「これで10倍ズームか!」という驚きのサイズ。

いまは、GH3には「これ1本!」という使い方です。

特に、動画を撮りたい時には良いレンズです。

このレンズで、GH3が生き返りましたです。

無精して「コンデジで良し」としないで、ちゃんと撮ろう、というような気分になります。

この14-140mmを着けたGH3と、電動標準ズームを着けたGF5の、2台での撮影が、快適!という訳です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
暗めな屋内で仕事用として、望遠端でのフォーカス精度はあまり良くない14-140mmです、、、場合により老兵D80+18-200mmも使いたいですね。

昼間の屋外ではまあ問題無いですね、、、それにしても富士のデジカメは気になります。
007
2014/03/02 05:29
やっぱり、ちょっとピントに不安がありますが、GH2からすると進歩しているのは確実。
現在、この組み合わせが一番気持ち良く使えています。

フジのレンズがもっと充実してくると、ヤバイっすね!
三日ボーズ
2014/03/19 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラの与太話・その1【パナソニック GH3】 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる