倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラの与太話し・その3【オリンパス E-PL5】

<<   作成日時 : 2014/03/04 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

これを買う前に、E-PL3を使っておりました。
「ダイナミックトーン」と「ラフモノクローム」というアートフィルターが好きで使っております。

おまけに、プリントするときに、引き伸ばし機のネガキャリアの枠を敢えてプリントする「ノートリミング」のフレームを作ってくれるのも面白く、組み合わせた時に「気分は森山大道!」になれるわけであります。
これですね、これ。↓ 遊びとして、これ、とっても楽しい!のであります。

画像


E-PL5には、14mmが中心で、時にフィッシュアイと、時に7-14mmを着けています。

中心は、パナソニックの単焦点14mm(35mm換算28mm)で「ラフモノクローム」を使った「森山大道ごっこ」に使っています。

ピントも速く、殆どノーファインダーか、液晶モニターをチョット見、の居合抜きのようなスナップができ、それが、気持ち良く撮れます。

これをOM-D E-M5とかに換えるという手もあるのですが、スナップをするのには「目立たない」という要素も重要なので、このカメラが重宝します。

また、パナソニックのフィッシュアイレンズが小さくて、隅々まで画質が安定して良いので、これに着けて使っています。

フィッシュアイ・レンズの場合、両手を上に伸ばしてカメラを掲げるようにして、高いアングルから撮ると効果的な場合が多く、そういう時に、ティルトする液晶モニターが便利です。

同様の使い方で、パナソニックの7-14mmも使います。

パナソニックには無いボディ内ブレ補正(GX7以前)が、この7-14mmでも効くので、低速シャッターになるような場面でも便利で、この14mmと、7-14mmと、フィッシュアイ・・・この3本を使うのに最適と思っています。

そういう、メインになるカメラとは違った使い方ができるカメラとして、重宝しています。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラの与太話し・その3【オリンパス E-PL5】 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる