倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都でワシも考えた(その6)旅行とカメラ

<<   作成日時 : 2014/04/03 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「結局またカメラかい?」という声もチラホラ聞こえてくる感じですが・・・

今回の京都行きには、ニコンD7100と、70-300mmと、16-85mm。
パナソニックのGF5だけ持って行きましたが・・・

録音機材も入れると、結構な重さになりました。

ショルダーバッグに入れていたのですが、何だか、その重さが体に応えるようになってきました。

長年の「右肩ショルダーバッグ生活」で、カラダが曲がっている感じがします・・・って、いや、ホントに曲がってルンです。

某葬儀社の某アシスタントさんに「左に傾いてますよ♡」って言われてます。
立っても座っても、ワタシ、左に傾いてルンです。(^^)
事務的に撮ってる免許センターの写真でも、見かねて直される位、傾いてます。
当人は、真っ直ぐに立ったり座ったりしているつもりなんですが・・・傾いてルンです。

荷物はふたつに分けて、現地で持ち歩くカメラなどの取材機材と、ノートやら書類やら、MacBookAirやら、着替えやらを入れたマンハッタンパッセージの、軽さと丈夫さが取り柄のバッグとを、両肩に下げて行きました。
マンハッタンのバッグは、ベースキャンプで、ホテルに置いておく物、です。

新幹線やら駅やらで、ゴロゴロのキャリーバッグが蔓延っていますが、ワタシは嫌いなので・・・
自分でも使いたくないと思っておりまして、手荷物で行くのは、もはや・・・意地のようでございます。

よくよく考えると、キャリーバッグってのは、便利なようで使いにくいと思うのよね。
階段は持って降りなきゃなんないし、小回り効かないし、バスも電車も乗りにくいし・・・
自分で使いながら「邪魔やぁ〜!」って思いそう。

・・・で、カメラですが・・・

今回は室内で、高感度にしてレスポンス良く撮るだろうと予想。
そのための「最低限セット」と思って持って行ったニコンD7100に、70-300mmと、16-85mmだけでも、結構、応えるようになってしまったです・・・「こりゃイカンな・・・」です。

やっぱ、ニコンの「一眼レフ」が一番使い易くて「撮ってる感」があるのです。
気持ち良く使えて、狙った写真が撮れる、という点では、やっぱ「コレ」でございました。

静かな所で、音を意識するような所では使えませんが、そうでない時には「やっぱニコンだわ」・・・です。

・・・で「その重さに参りました」的状態になって・・・

これからは、リュックタイプのカメラバッグにすっか、と思ったですよ。

リュックなら、もうちょっと機材を欲張れる感じがします。

現在、一個安いのをみっけて持ってるのですが、リュックのカメラバッグって結構高くて、そういうのはまた重いのです。多くは。

それに、汗かきなので、夏は、リュックは使えないと思ってるですよ。

でも、これからは、汗をかかないような時には、リュックにすっか・・・と思う、今日この頃・・・。

画像

←コレにすっかな・・・(^^)

ショルダーにもなるし、リュックにもなるし、手で持つこともできる3Way。

これ、初めて見た時には・・・

カメラバッグって、こういう風に、平らなところに並べるように入れる方が使いやすいと思っているので、「良いかな?」と思ったのですが・・・

リュックは使わないから、仕舞っているベルトが邪魔だよな・・・と思って「却下」だったのです。

・・・でも、考え直して・・・やっぱ、なんか、良さそ。

・・・って、やべっ「※現在販売停止中です。」・・・だって。

おいおい・・・。思わず「ポチッ」ってしまったでないの・・・(^^;)

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都でワシも考えた(その6)旅行とカメラ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる