倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコン1 V2を使ってみた・・・(その2)

<<   作成日時 : 2014/05/12 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「ニコン1 V2を使ってみた・・・」
http://e-bozu.at.webry.info/201405/article_11.html#trackback
・・・の続きです。

ニコン1の「連射秒間60コマ」が使ってみたくて、試しに「ニコン1・V2」と、Fマウントアダプタを買ってみたワタシ。

それを想定している野球に使ってみました。

威力絶大!というところでしょうか?
確かに「秒間60コマ」には「ナルホド」・・・です。
下のような写真が、結構、テキトーに撮れちゃったりします。

画像

ただし、使い方にも慣れが必要。

まず、液晶ファインダーを見ながらではタイミングが合わず、早めにシャッター押したつもりでも、当たった後に切れてる、という感じ。

今回は、三脚持参で、カメラを固定して、液晶モニターで構図とピントを見ながら、実際の動きを見てシャッターを押します。
これも、ちょっと前から押すというのが難しく、初めのころは遅れました。

32G位の容量が大きめのメモリーカードを使って、空振りや見送りでも構わず、ドンドン撮って、後から、選んで、メモリーは初期化して使い回す、という使い方で運用するのが良いと思います。

画像

今回は、グラウンドの関係で、良いポイントが無く、外野のネット越しに、換算810mmで撮りました。
これ、真横からだともっと良い感じに撮れそうです。

マウントアダプタを噛ませていますが、これだと、AFポイントが中央の一個しか使えず、連射したものを直後にスローモンション再生して、その中の良いポイントを使う「スロービュー」が使えません。
これを使えば、無駄にメモリーを消費せずに済むのですが・・・
純正レンズが必要。

今回のように外野から撮るということでもなければ、通常の球場では300mmあればOKなので、換算300mm近くになる安いレンズを使ってみるか?

それとも・・・

近々発売される純正のニコン1用70-300mm(10万超え!)を買ったらば幸せになれるのか・・・?

画像

今回は、FX用の70-300mmを使っていますが、その中心の1インチセンサー分しか使っておらず、さすがに解像度が悪いうえに、トリミングしているので、画質は悪くなっています。
L判プリントなら楽勝かな?という感じですが。

純正70-300mmだと、さぞかし画質も良いのでせう。

AFも、アダプタ経由だと遅いわけですし・・・

さてさて・・・

思案のしどころであります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコン1 V2を使ってみた・・・(その2) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる