倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 超高感度“ISO409600”で撮れる「α7S」

<<   作成日時 : 2014/05/17 00:12   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

ソニーは、Eマウントのミラーレスカメラ「α7S」を6月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別23万円前後の見込み・・・とのこと。

今までのとは格段に違う新開発センサーなので、仕方ないお値段なんでしょうね。

このα7シリーズの新商品『α7S』・・・

新開発の有効約1220万画素35mmフルサイズ CMOSイメージセンサーを搭載し、画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせによって、静止画・動画ともに常用ISO100〜102400、拡張50〜409600の圧倒的に広い感度域による高感度・低ノイズ撮影を可能にした・・・んだそうな。

「α7R」は、有効約3,640万画素。
「α7」は、約2,430万画素。

ここから画素数を大幅に減らすことで、高感度画質を高めることで、最高ISO409600に対応したということ。
常用感度は最大ISO102400。・・・α7R/α7はともに最高ISO51200だった。

・・・って「ISO409600」ってどんな世界じゃぁ〜?!

6絞りでやっとISO6400になる・・・ってこと・・・か?
つまり、シャッター速度6段速くできる。
ISO1600で8段。
どういうものが想像できない。

この高感度性能に加え、全感度域で広いダイナミックレンジを実現するんだそうな。

「α6000」から採用されている新世代RGBカラーフィルターによって、α7比でセンサーの感度特性が3倍になり、飽和信号量が約2.3倍向上。ダイナミックレンジが広がった・・・んだそうな。

また、フルサイズセンサーとして初めて、画素加算のない全画素読み出しに対応し、モアレやジャギーの少ない高精細な動画画質をも実現しました・・・んだそうな。

さらに4K出力に対応し、外部レコーダーで4K映像を記録できる。

・・・私としては。次の仕様が魅力。

新たにシャッター音を消音するサイレント撮影機能を搭載。サイレント撮影設定中は自動的に電子シャッターを使用し、シャッター音が消音されるため、野生動物の撮影などにも最適です。またコンサートや講演会など静粛性の求められるシーンでもご利用いただけます。

(サイレント撮影機能は、被写体のプライバシーや肖像権に十分ご配慮の上、お客様自身の責任においてお使いください。)
・・・という注意書きがあります。
ナルホド、悪用も可・・・ということか。高感度もナイトスコープになるやも知れず・・・

それはどうでも・・・暗い本堂などの法要の記録に、音の無いシャッターと高感度が必要なのでありまして・・・

実は、高感度性能がD4譲りの高性能と言われるニコンDfを、そのために買ってみっか・・・と思ったりしている私なのでありますが、ニコンDfのシャッターは普通の音なのであり、ちょっと、高感度が必要な場面でははばかられるのであります。

その点、高感度が抜群で、無音シャッターが切れるとあれば、願ったり叶ったりなのであります。

お値段だって、Dfと、そう変わりません。

デザインが、とにかくミットモナイし、醜いし、シャッター音が貧相で、シャッターショックが、安っぽく荒っぽく・・・余りにも問題アリ!で・・・
未だに大嫌いなカメラNo.1ですが、私にとって実用性満点なのでありました。

おいおい・・・なのであります。

僧来たか・・・いや、そう来たか・・・なのであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
簡単に買えるカメラではね〜ですが・・・
例えば、ニコンDfとだと「どっちかな?」です。
α7sは、レンズが少なくて、どうにもなんないですが、そこはマウントアダプタでどうにか使い回せます。
高感度を使うような所は、単焦点でマニュアルフォーカスでOK。

Dfだと、全体に大きなシステムになるのと、私としては、やはりシャッター音が問題。使えるレンズが多いのは良いと思います。
また、センサーの素性も良い良い・・・です。

「どっちかな?」という夢見ちう。
三日ボーズ
2014/05/17 00:28
舞台撮影プロ用でしょうか、、、
静かに超高感度撮影が可能ならば、極端に言えばその他諸事は如何でも良いのかも知れません、、、

プロは撮ってナンボですから、。
007
2014/05/17 08:19
今出ている「朝カメ」か「日カメ」に、楽園写真家・三好和義さんが、東大寺の「お水取り」をD4sの高感度で撮っています。
デジタルの高感度によって、これまで撮れなかった写真が撮れる、ということは確かで、多分、この「α7S」は、この点で特化するものになるんでしょう。
私も、暗いお堂や、夜の法要を撮ることが多く、また、音が邪魔になるので、このカメラは持ってこい、なわけですが・・・・
三日ボーズ
2014/05/17 09:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
超高感度“ISO409600”で撮れる「α7S」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる