倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたつの「ニコン」

<<   作成日時 : 2014/06/15 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

最近、安くなったニコン1・V2を購入してみましたが・・・

う〜〜ん、剣道の試合に持ち込んで、何度か試してみて、本番では引っ込めました。

「一瞬の連写」は魅力的なれど・・・

液晶の遅れは少なくなったとはいえ、やはり、僅かながらタイミングは遅れるようです。

また、高速連写の場合「シャッターチャンスのちょっと前」からシャッターを押す、というのが、案外難しいものです。
加えて、連写した後の「ブラックアウト」が短いながらあって、それが、シャッターチャンスを逃しそうで、どうもよろしくない。

かたやD7100は、メモリのバッファが少なくて、2〜3枚撮っただけで、次の瞬間、一瞬ながらシャッターを押しても反応しない、ということになります。

結局・・・

ニコン1・V2は使えない、ということになって、ホントは、D7100をニコン1・V3に切り替えちゃおうか?と思ったりもしたのですが、これはこれで「このままゆく」ということになりました。

できれば、連写を改善した「D7200」を期待したいものです。

カメラの発展系として「ニコン1」のシリーズには期待しております。

ニコンは、下位機種で新機能を試したあと、上位機種に導入する、ということを昔からよくやるのですが、このニコン1は、一眼レフのメーカーとして、一眼レフではできないけれど、ミラーレスなら可能になる、という新技術を積極果敢に取り入れている、という感じがします。

ニコン1は、一眼レフカメラの今後を探るスタディケースでもあるということですね。
ニコンとしては。

「とりあえず作った感」があるキヤノンのミラーレスとは違う感じがします。

私も、ニコンの方針には共感しますし「とりあえず使ってみっか」ということで、安くなった「V2」を買ってみたわけです。


デジカメも色々使ってきましたが、今年、ちょっと、全体的な構成の再考をしよか?・・・と思っています。

ホントなら、D7100の一眼レフは、ミラーレスのニコン1に切り替えたかったのですが、やはり、一眼レフのアドバンテージはある、ということで、継続使用。
後継機待ち、という感じ。

一眼レフは、フィルムのF100があれば良い。
「今年はフィルムじゃぁ!」という気持だったりもしていましたのです。

・・・なので、フィルムで使える70-300mmを除いて処分できたら気持ち良かったのですが・・・やっぱり、一眼レフは手元に残しておきたい、ですね。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
D7100は存在価値あります!、、、

光学ファインダーはベストであり、APS-Cサイズ機でのコストパフォーマンスは頭抜けています、D7200に期待でいいでしょう、。

個人的構想としては、フィルム機はブローニィとF100、とデジ一F7100と発色良いFUJIの機種と、、、コンデジと、、、
最終的にはこのように絞り込むとどうでしょうか?
007
2014/06/15 13:38
まさに、その通りでございます。(^^)

三日ボーズ
2014/06/15 14:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふたつの「ニコン」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる