倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SONY α7s」〜について考える

<<   作成日時 : 2014/06/25 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

SONYのフルサイズ・ミラーレスとして出てきた「α7」シリーズ。
ミラーレスというお手軽な機械の展開をSONYは・・・確かに、その宣伝コピーのように「他のメーカーにはできない形」で出してきました。

即ち・・・
高画素機に特化したα7Rと、普通機な感じのα7と、高感度に特化したα7s・・というトリオを組んできました。

さすが、センサーメーカー!
センサーを載せ替えてきたわけですね。
これは、SONYにしかできない芸当でしょう。

しかしながら・・・残念なのは、レンズが全然ダメだと言うこと。
専用レンズが殆ど無いに等しいということ。

そして、出た時の違和感・・・そう、そのデザインの悪さ!!

・・・初め「このデザイン」だけで、却下したのでしたが・・・このα7sにはちょっと困りました。

これ、私に撮って、実は「願ったり叶ったり」のカメラだったのです。

研究対象たる法要の撮影などが多く、シャッター音が邪魔なので、音が出なくて写りが良いキヤノンG1xを使ったり、パナソニックGH3の「電子シャッター」を使って撮っています。
(報道の連中はどうして音に無頓着だんだろ?! 平気でデカイ音を立てている・・・)

また、暗い所も多く、当然フラッシュは使えませんから、高感度性能の良い物が良いわけです。

この「α7s」はブレ補正は無いけれど、電子シャッターは全くの無音。
おまけに、高感度性能がハンパなく良いという・・・

嗚呼・・・欲すい♡

でも、高い!!

オマケにこのカメラ、ホントにセンサー優先に作られたカメラで、専用レンズが殆ど無いのよね。
「α」のレンズを買うとしても、高いし、新たに買うというのは負担。

標準ズームも、併せて買うと、30万弱!
それに、私としては「もっと広角が欲しい」ので、使い勝手は良くないレンズ。

しかしながら・・・

これはレンズアダプタを使っての旧レンズとの相性も良い、というレポートがあります。

オールドレンスをデジカメに使うという趣味趣向はありませんが、このカメラを使いたいシチュエーションでは、ライカMマウントの、例えば、ツァイスの21mm F2.8というようなレンズが使えそうです。
これなら、小さくまとまるし、良さそう。

コシナからも、良さげなマウント・アダプタが出たりしています。
Mマウントのツァイスも、Fマウントのニコンも使える。

それなら・・・ボディだけ買えば済むしなぁ・・・。

・・・なので、欲すい♡




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時

・・・あぁ・・久っさし振りにカメラの話で、ホッとするゼぇ〜(^^)/

三日ボーズ
2014/06/25 00:05
ニコンの中から選択した方が良い?かもしれません、、、
なんせ標準ズーム込みで30万円ですから、。
007
2014/06/25 06:42
これも嫌いなカメラですが、ニコンDfというのが、高感度性能が良いとのこと。
で、唯一の問題は、シャッター音と、ショックでして・・・
その点、これは、電子シャッターで、全く音無&ショック無し、なのです。
これだけなら、G1xのブレ補正で、良い勝負できると思うのですが、α7sだと、G1xより、広角が使えます。
でも、そのためだけに、20万超は厳しい・・・ので、今すぐに手を出す、ということではないです。
三日ボーズ
2014/06/25 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
「SONY α7s」〜について考える 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる