倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行用三脚

<<   作成日時 : 2014/09/05 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

つい最近まで、三脚の重要性といったものをあまり考えていなかったのです。

三脚は、ある程度高くて、重くて、大きい物でないと、使い物にはならない・・・ということに気が付いて、まだ10年は経っておりませぬ。

最近は、カーボンの三脚も安くなってきたので「そこそこ」のを買って使っておりますが・・・

よほど、写真がメイン、という時で無いと、持ち出すのは大変です。

そこで、旅行用・・・それほど写真がメインということではないけれど、やっぱり三脚を使わなければならない局面もある・・・という場合の物を探しておりました。

小さいのはいくらでもありますが、丈夫で、フラつき無く、安定して、でも、伸ばして長く、顔の位置くらいまであって、畳んだときの長さがそれ程ではない物・・・できれば、極端に高くない物(ジッツオみたいに)という、相反する要素が絡み合う要件を満たす物。
この難しき難題をクリアする物・・・
それが「コレ」か?

画像

ベルボン Velbon UT-653
●全高(EV含む):1490mm
●縮長:278mm
●EVスライド量:148mm
●最低高:310mm
●脚径:30/27/24/21/18.2/15.4mm
●段数:6段
●推奨積載質量:3kg
●質量:1370g


三脚の足を上げると、ビールマンスピンの如く、3本の足が跳ね上がり、要するに 180度上に上がってしまうのです。下の写真は「UT-63Q」という違う物ですが、足は同じで、雲台が違う物です。

画像


またこれは「ウルトラロック」というベルボン独特のロックの仕方で、慣れると、簡単に伸ばしたり縮ませたりできます。
脚先端を握ってひねるだけで、全段を一気に固定・解除することができ、スピーディーなセッティングが可能で、これは、意外に便利。

今回の智積院行きでは、ミラーレスで、それ程大きくなく、また、シャッターショックも小さいので、これで十分と判断。満足でした。
夜明け前の金堂の写真2枚が、この三脚を使って撮ったものでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全高1490mmは使えます!、、、
め一杯伸ばすと身長160-170cmクラスなら丁度ファインダーの辺りがアイレヴェルになりますね、、、

この収納方式の元祖は高額三脚メーカーのジッツオだったような?、、、
国産で普通に買えて、充分実用になる製品が現れて来ましたね。。。
007
2014/09/05 03:06
初め、馬鹿にして見てたんですが、実際手に持ってみると、案外重くて、作りもしっかりしています。
普段、三脚を使う時にはエレベーターを上げないんですが、これは、初めから上がっている状態なので、心配かつ違和感あり、でしたが、使ってみると、しっかりしていて安心しました。
三日ボーズ
2014/09/05 09:18
千手観音かと思った!!!
つる
2014/09/08 08:32

(^^)/

三日ボーズ
2014/09/08 11:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅行用三脚 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる