倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた、勝手にブライダルカメラマン

<<   作成日時 : 2014/12/18 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

仏教会の仲間、浄土宗の青年僧が結婚式ということで、いつものことながら「勝手にブライダルカメラマン」。

・・・で、宇都宮ヨドバシの「火曜日は安い」お店プリントをして、簡単なアルバムにまとめます。

撮った枚数、いや、カットは、860余。

フィルムだと24本!・・・フィルムに置き換えると「撮りすぎだよ〜」と思いますが、これが、デジタルの魔力。

350枚入りのアルバムが2冊。700枚弱の写真になりました。

新郎は、仏教会の私の後の写真担当。
バリバリンの理系で「写真はデータでいい」と言われそうですが、当人はそれで良くても、両親などは、プリントが良いに決まってます。
まず、両親に見ていただきたい、という気持ちでプリントをアルバムにしています。

とにかく「やっぱり写真はプリントしなきゃ」という気持ちも込めて。

同じ350枚入りアルバムに、お嫁さんの親御さんに渡していただくのアルバムを作ります。
この前の結婚式と撮った時から・・・
「お嫁さんのご両親の元に写真が行かないな」ということに気がついたのです。

お嫁に出した後、その写真も残らないのは寂しいと思うのです。
娘の晴れ姿、一人前に育てて、嫁がせた、その写真は大切なものだと思うのです。
私も、嫁に出す親の歳に近づきつつあるので、その気持ちが分かってきた、ってことですわな。

・・・・・

フィルムを使っていた時は「10本!」と決めて「予備の2本」も、結局撮ってしまう、というパターンだったですが・・・プリント料金は、逆にフィルムの時より高いですから、結局、高くなってしまいます。

そこから、大雑把に「全くダメなカット」を抜いて、一度パソコンに保存。
そこから、Photoshopで加工します。

基本は、JPEGのみで撮影。RAWは面倒なのでやりません。

それをPhotoshopで、先ず「自動レベル補正」をかけてみて、OKなら、そこに「明るさ+コントラスト」の調整。
ダメなら戻して「明るさ+コントラスト」の調整。
・・・大体このふたつの調整です。
場合によってシャープネスをいじります。

お店プリントを前提とした場合、ど〜も私の場合、JPEGのデータそのままで良いということがありません。そのままだと何だか調子が「眠い」のです。

Nikon D7100は、2000万画素余り。
最高画質だとデータが重すぎるので、大きさは一番大きくしたまま、画質を「標準」にします。
大きさを落とすより、圧縮を落とす方が、画質への影響は少ないと思って、です。

これでも、お店プリントでのデータとしては重いようで、読み込みも、表示も、画像の選択も、とにかく時間がかかります。

これが、1600万画素だと、急激にサクサク早くなる感じ。
NikonD7100が重すぎるのでしょうか?「大きさ」も下げた方が良いのかも知れません。
その読経は・・・いや、度胸はなかなか・・・ですが。

これに関しては、一度実験してみましょう。

プリントをすると、全体に眠く、露出がアンダーになっている感じです。
プリントをするお店によっても差があるのかもしません。
これも、あとでチェックしようと思います。

かつてのネガプリントの方が感じが良い、と、今、比較しても思います。

ネガプリントの時には、行きつけの写真屋さんでプリントしてくれたわけですが、いい加減な露出を調整しながら、一枚一枚キチンとプリントしてくださっていたな・・・と思います。
大変だったろうなぁ〜と思うのです。

私も、Photoshopで、一枚一枚調整していると、とにかく大変。
行きつけの写真屋さんの苦労を慮って感謝。

だいたい、L判にプリントするのに、2000万画素は大きすぎます。
1200万画素あれば十分。
800万画素でも良いくらいだと思います。

パソコンで見るか、2L判くらいまでのプリントが主と思える、コンデジなど、800万画素で良いように思います。
今のセンサー技術で、1/1.7インチとか、1インチで800万画素。
それで高感度性能を上げた物があればいいな〜と思います。
絶対に使いやすいと思います。

なんでもかんでも高画素、という価値観はオカシイと思うのよね〜〜〜。

こういう用途なら、D7000を買い戻したい気もします。
1800万画素でも大きいくらいです。

ホントなら、GH3など、マイクロフォーサーズに換えたい気もするのですが、カメラのレスポンス(特にAFの)がイマイチな感じで「GH3はサブ」は変わらず、なのです。

ブライダルカメラマンは女性が多いという印象。
カメラはキヤノンEOS5Dが多いような印象。

女性の気遣いが良いのでしょうか?
でも、写真を撮ることが第一で、乾杯の後すぐに新郎新婦の後ろに回って、グラスを持って振り向いて乾杯!・・・の絵を撮ったり、色々演出があるようです。

出来上がりを見せていただいたら、ホントに色々やらせて撮っています。
タダ撮るだけではない、というものですが・・

そういうことを恥ずかしがらすにドンドンできるのが、女性の力でしょうか?
ま、撮るパターンは決まっているのでしょうが・・・

ただ、ヤラセの演出が多くて、結構、目障りだったりしちゃうのよね〜。

あ・・・そうそう・・・

このアルバムが結構時間がかかるようなので、私は、すぐに持って行くことにしています。

とりあえず、見たいと思うので。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブライダルカメラマン、懐かしいです、、、
写真集刊行が縁で「プロとして撮影して欲しい」と破格値で以来された事を思い出しました、、、

(F100+SB-28)×2台+28-80mm/70-200mm/300mmF2.8とF80s+Fアイ15mmとクラッセとフルに使いました、ネガフィルムは(36枚)15本使用してクタクタでした(汗)、、、

確かに女性カメラマン+キャノンのデジ一のパターンは多いようです、、、
業界も変化してますね、。
007
2014/12/18 03:18
大きめのストロボをマニュアルで使って、ASA400のネガ
・・・という時の方が、キレイに撮れてた気がします。
失敗が許されない時に、モニターで確認は便利ですが・・・
三日ボーズ
2014/12/18 08:57
これでまた
一人の若き女性が
犠牲と・・・
おっと!いかん!いかん!
つる
2014/12/19 08:02
つるさん・・・
我々の世代は、回りはみんな「同居」が殆どですが・・・
今は、結婚後しばらくは別に住んでいるケースが殆ど。
別居した上に、このお嫁さんもそうなんですが、今の仕事を続ける場合もあって・・・
お嫁さんは、仕事を続け、副住職は自坊に通勤・・・です。

・・・寺も変わります。
三日ボーズ
2014/12/19 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
またまた、勝手にブライダルカメラマン 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる