倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 初不動・・・多氣山へ(その2)

<<   作成日時 : 2015/01/29 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

・・・そーいう訳で、また多氣山。

画像

おや、親子どんぶりですな。導師は長老。祈願文が若住職。
こういう形で交代できたらいいな、と思います。

画像

多氣山は、宇都宮市では、中心部にある二荒山神社と並んで、初詣にお馴染みの所と思います。

多氣山の下の道路の片側がず〜〜〜っと駐車スペースになってしまうほど、正月三が日・・・を過ぎても多くの方がお参りをされます。

画像

しかしながら、本日、改めて「初不動」というご縁日にお参りされる方々というのは、ホントの信者さん、ということでしょうか?

正月三が日は人がイッパイだから、時間をおいて、初不動にジックリお参りする・・・ということもあるかと思います。

正月明けてすぐと、今回と2度お参りする人もいるのかも知れません。

画像

でも、今日、護摩札をお願いするような方は、やっぱり、ホントの信者さん、ということなんでしょう。

画像


「栃木のくらしとお参り」というHPにて、多氣山の長老が、以下のように話しております。

正式には、宗教法人持宝院と言います。お寺には山号、院号、寺号と3つの号があるのです。ここは多氣山、持宝院、不動寺と3つの名前があります。そこから、山号をとって多氣山と言われておりますが、持宝院という名前は一般の方は知らないですね。
私も、この山の名前が多氣山、地名が田下町となぜ漢字が違うのか疑問に思ったことがありまして、いろいろ調べたのです。もともとこの多気という山には、多氣城というお城がありました。城にはお殿様もいて、多氣山にはお寺もあり、不動明王が祀られているということで、この山は大変尊い山だということでした。それで、同じ字を使うことは恐れ多いということで字を変えたのです。

http://www.tochigi-omairi.net/danwa/131.html

画像

ちなみに・・・今年は「乙(きのと)未、三碧木星」という年なんだそうな。

ちなみに・・・これは、旧暦なので、立春から始まるのだそうで、2月3日生まれの人は、去年のが当てはまるってことね。

以下、多氣山の山報より〜〜〜

未は十干の二番目で、二日という日にちを表します。十二支の未は、木が大きく成長して、成長の限界に達したことを表し、これまでに起こった世界の色々な動きが限界にたどりつき先が読めないという意味で、花盛りが終わり、実を結ぼうとしてまだ実が見えない状態を意味しています。
次に、立春から翌年の節分までの誰にも悪い方位を申し上げます。
西に五黄星が移り五黄殺、その反対の東が暗剣殺、十二支未の反対、北北東に歳破となり三つの方位が凶方となります。どなた様も引っ越し、家の増改築、車の購入など十分ご注意ください。


・・・とのこと。

また、その人特有の凶方はそれぞれにあるそうです。・・・詳しくは、詳しい人に聞いてね。

また、気になる方・・・方位除けなどは、多氣山へどうぞ♡

画像

私は、こういうのは、基本的に信じないので、申し訳ないです。m(_ _)m

こういう風に言われていることが「厄」なので、世間でこう言われていることを気にしないように、そういう「災い」を取り除くものだと思って、ウチの護摩はやっています。

風水って、こういう個々の、ものでなく、都や国というレベルの大きなものだと思っておりまする。

画像

多氣山のご本尊・不動明王は、建武2年(1335)に、宇都宮9代城主、藤原公綱公により、氏家勝山城から遷座されたもので、今年は、遷座680年になるんだそうな。

これを期に、今年9月5日(土)午後7時から「八朔祭宵祭り 八朔祭万燈会法要」を行ないます。

カップろうそくの奉納、ひとつ500円。
住職に代わって・・・どうか、よろしく、お願い申し上げます。<(_ _)>

画像

みなさん、去年一年、どんな年だったのでしょうか? 願いは、叶いましたか?

画像



画像

お子さんの写真の次に載せちゃ悪いけど・・・これも、もう一方にあること。
多氣山は、祈願だけの寺では無く、水子供養もご覧の通り。

画像

山は、霊が集まるところ。亡くなった人が行く所・・・。
山に寺を造るというのは、霊場だから、という意味もある。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
宇都宮には一年間だけ住んでいたことがありますが、
このお寺の存在は知らなかった。
まだ仏教とか興味無かったころだしな。
今なら、知っていたら、絶対に行くのに…(涙)

「こういうのは、基本的に信じないので」って(゚Д゚;)
お坊さんが、ブログで、そんなことを言ってしまうw
だけどおかげで安心しました。
信じなくてもいいんだ、、、と。(笑)

実はわたしもそういうのは信じられないんです。
気になる人だけ、お祓い、ご祈願受ければいいのでは、と。
フラン
2015/01/29 08:25
何時もこのお山の麓を走っています。
走る度に良い気が得られて胸が空く思いがします。
本当に多氣だなぁ・・・と感じます。
それにしても、だるま可愛い♪
これは多氣山で売られているのでしょうか。欲しい♪
つる
2015/01/30 15:27
多氣山で売られてるみたいです。
本堂脇まで、登ってくだされ。
あ、写真見て。
左に「出流山」ってのがあるです(^^)/・・・おいおい。
三日ボーズ
2015/01/30 16:25
うん、自分も「出流山」がめっちゃ気になっていました。
出流山満願寺で受けただるまをここでお焚き上げしてもらうのかな?
つる
2015/01/31 08:43
神社のお札を持って来ている人もおるで〜(^^)/
三日ボーズ
2015/01/31 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
初不動・・・多氣山へ(その2) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる