倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 中洲・・・

<<   作成日時 : 2015/02/07 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

タクシーで、博多駅と美術館を往復するとき「中州」をみっけ。
・・・そう、博多って言いやぁ〜中州だんべよ・・・というわけで、行ってみますた。

画像

・・・と言っても、遊べる気持ちも時間も無く、ただ、歩いて通っただけですが・・・

では、Wiki先生・・・

中州(中洲、なかす)とは、川の中において、上流から供給された土砂などが堆積し、陸地となっている地形のことである。川中島(かわなかじま)ともいう。

・・・って、おいおい、ソレかよ(^^)/・・・違う、違う、コレ、これ。↓

九州最大の歓楽街であり、大阪・北新地と並んで西日本一の歓楽街ともされる。また、東京の新宿・歌舞伎町、札幌・すすきのと合わせて日本3大歓楽街と称されることもある。
中洲には全国の他の歓楽街と同じく、飲食店や、風営法対象業種であるクラブやキャバクラ(中洲では「ラウンジ」や「ニュークラブ」と言う)、セクシーパブ、バーなどが集積されている。
中洲にある店の数 - 約3,500軒(飲食店・風俗店など)
中洲で働く人の数 - 約3万人
1日に中洲に遊びに来る人 - 約6万人
(いずれも中洲観光協会より)

かつて中洲には映画館が集中していたが、現在は大洋映画劇場(中洲大洋)のみとなった。


・・・以上、抜粋・・・

画像

南端の南新地地区(中洲1丁目)はソープランドなど風俗店が集積し、いわゆるソープ街を形成する。那珂川沿いに整備された遊歩道には屋台が立ち並ぶ。

「石鹸の国」あたりを森山大道風にドキュメントしたかったですが、ここ、どこもかしこも出入り口に呼び込みが張り付いて、写真を撮れる雰囲気じゃなかったですなぁ〜。残念。

画像

道路の向こう側は、石鹸の国。こっちは、Bar やら何やらがひしめいている感じ。密宗・・・いや、密集!ですな。

画像

カワイイ女の子が「おいでおいで」してる〜

画像

そうかそうか、草加煎餅。
しかし、真っ昼間の繁華街ってものは、いいね〜。この空々しさってものは・・・。
やっぱ、マミヤ7+43mm・・・持ってくれば良かったかな?

画像

しっかし・・・こういうビジュアルって、最近、何処へ行っても同んなじ、よね〜。
宇都宮も博多も同じ。docomo、いや、何処も代わり映えしない。
何処へ行っても同じ、ってのは、ツマンナイと思ふ・・・。

画像



画像

そういえば・・・博多っていえば、ラーメンじゃん。豚骨の。

・・・って、気がついた・・・。全然気にしてなかった。ま、ドーデモイイ。
「美味しい物、食べたい」って気持ちが皆無に近いので・・・。

博多ラーメン(はかたラーメン)とは、主に福岡県福岡市で作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにした日本のラーメン。主に福岡地方のラーメン専門店、中華料理店、屋台で提供される。
味付けや色合いは店や地区によって千差万別だが、基本的には豚骨主体の乳白色のスープと極細麺が特徴。豚骨を強火で沸騰させるため、骨のゼラチンなどが溶け出し濁ったスープになる。麺の硬さを注文する点や替え玉も当ラーメンの特色になっている。


画像

そういえば、その昔、永六輔さんが、浅田飴のCMで・・・

長崎では(って言っていた様に記憶)“だぢづでど” が “らりるれろ” になってしまいます。なので “かどのうどん” が “かろのうろん” になってしまいます。

・・・って言ってたのを思い出しました。私の記憶では「長崎」だったんだけど・・・ 

博多はうどん伝来の地といわれる。
諸説あるが、日本に麺をもたらしたのは聖一国師(圓爾)といわれている。
圓爾は嘉禎元年(1235年)に渡宋して径山寺で仏教を学び、仏の教えと共に多くの中国文化を身につけて仁知二年(1241年)に帰国。寛元元年(1243年)までの2年の間博多にとどまり、承天寺を開いて布教活動を行ったが、その際に麺や饅頭といった料理を博多にもたらしたといわれている。
その後赴任した京都の東福寺に伝わる「大宋諸山之図」(国宝)の中には「明州碧山寺水磨様」という製粉技術を記した書物が伝わっている。
しかし当時の「饂飩」は現在のうどんとは異なり、現在のワンタンに近いものであったともいわれる。
うどんが現在の形になったのは鎌倉時代末期といわれ、室町時代までには全国に広まった。
江戸時代後期には水車を使った効率の良い製粉法が開発され、また醤油の大量生産が可能になったことから、うどんはますます庶民にとって身近な食べ物となり、多様な文化が生まれる事となった。
そんな中、商人の街博多では時間にシビアな商人たちが素早く食べられるようにとゆで置きの柔らかい麺のうどんが主流になったといわれている。また、軽食として食べられていたため、消化の良い柔らかい麺が好まれたという説もある。


画像

真宗だと「何やってもいい」って感じやね〜。中洲にはピッタリ? ある意味・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
博多ってけっこう都会?ですよね、、、すくなくても岐阜よりかは、。

かなり昔車で旅の途中でみた高架下の景色は既に”都会”でした、、、
小生も旅をしたくなりました、やはりお供はカメラですよね。。。
007
2015/02/08 05:57
曲がったことのない角を曲がったら、それは旅・・・by 永六輔 (^^)

今回は、美術館がメインだったので、記録用として、パナソニックGF5だけ、でした。これ、記録用として文句ないです。ちゃんとした画質、素早くて確実なピント、大きさなど・・。
G1xと迷ったですが、スピーディ、という点でコレにしました。
しかし、4:3というフォーマットだと、ドキュメントを撮ろうという気がイマイチ起きません。やはり3:2じゃないと・・・。
森山大道風エトランゼ的視点で撮りたかったですが・・・
三日ボーズ
2015/02/08 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
中洲・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる