倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 次期 iPhone にスピリチュアルカメラ機能搭載 !

<<   作成日時 : 2015/04/01 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

Appleは、iPhoneの次期OSのカメラ機能に、幽霊の顔認識機能を搭載することを発表した。

マサチューセッツ工科大学の人間工学研究室有志のによる「人間の意識をデジタル化するプロジェクト」によって、霊魂がある特定の波長を発していることが分かり、その波長を捉えることで、霊魂の存在を認識することに成功していた。

今回、その分析能力を大幅に高めることで、霊魂を形として認識することができた。
それによると、霊魂は、やはり人の姿をしているという。

Appleは、今回この霊魂の認識データを特殊なフィルターと画像生成プログラムで解析することによって、顔認識機能を盛り込むことに成功したという。

これによって、あらゆる心霊・地縛霊、背後霊・守護霊などを見つけて、その顔を認識し、写真に納めることが可能になるという。

また、近い将来「siri」にも、霊の声を聞く機能「siri-itako」を搭載できるよう、さらに開発を進めていることも、合わせて発表した。

故スティーブ・ジョブズ氏は、自身の病気を知った時「siri」に、自身の思考パターンを埋め込むことを考えていたというが、試みてはみたものの、成功したとはいえず、現在の「siri」が、時々おかしな返事を返して来ることは、ユーザーの間でも取り沙汰されていた。

これは、ジョブズ氏の特異な思考パターンが中途半端に盛り込まれてしまったことによるのだったということも、今回Appleは明らかにした。

Appleは「siri」のプログラムからその排除を試みたが、既に盛り込まれていたジョブズ氏の思考パターンにによって、拒絶されたのだという。

現在開発中の「siri-itako」によって、これからは、ジョブズ氏の霊魂に直接アクセスできるようになり、Appleの開発などに関して直接のアドバイスが期待できる、としながらも、一部には、またあの我が儘に振り回されるのはいやだ、という意見もあるという。

この「siri-itako」の開発に合わせ、Googleも、その霊が誰なのかがわかるよう、世界中の「顔」の収集をして「顔のデーターベース」を作ることを開始した。

初めは、故人となった、有名人から始めて、全世界の「顔」特に高校生の卒業アルバムの写真を登録する大プロジェクトを開始した。

このニュースには、幸福の科学の大川隆法総裁が、特に注視しているという。

真言宗智山派 後輪寺 副住職の松本焼香さん(56)は、「これで、死後の世界がどうなっているかが分かってしまうと、宗教の意味が無くなってしまうのではないか。霊魂との会話などはできないままのほうが、人間のためで、そこまではやらない方が良いと思う」と強い遺憾の意を示している。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
多機能携帯端末のカメラの画質なかなり良いそうですね!、、、
半端なデジカメは売れなくなるでしょう?、、、

更に今度はこれですか、、、霊との交信は非常に精神的・肉体的に疲労しますから、凡人一般はヤラナイ方がいいと思います、。
007
2015/04/01 04:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
次期 iPhone にスピリチュアルカメラ機能搭載 ! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる