倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS フジフイルムX-T10・・・良いかもしんない

<<   作成日時 : 2015/05/18 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

(以下「デジカメWatch」より・写真も)

富士フイルムは、Xマウントのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」を6月25日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税別9万円前後、18-55mmレンズキットが税別12万円前後の見込み。カラーはブラックとシルバーを用意。
現在のXマウント機を代表する「FUJIFILM X-T1」の画質をそのままに、小型ボディへとまとめたモデル。有効1,630万画素のX-Trans CMOS IIセンサーとEXRプロセッサーIIを採用しており、同じレンズで撮影すればX-T1と同じ画質を得られるという。
感度設定範囲はISO200〜6400(拡張でISO100〜51200)。
マグネシウムボディ、光軸センター直上に位置するEVF、本体上面のメカダイヤル3つ+前後2つのコマンドダイヤル、Wi-Fi機能といった基本装備を持つ。
防塵防滴仕様は省略。X-T1になかった内蔵ストロボを備える。


この写真を初めて見た時に「なんだかな・・・」と思ったことは、前の記事に書きましたが・・・その後、よく見て、大きさを考えたら、意外に小さい?・・・と思ったですよ。

それが・・・
上部の出っ張り部分(EVFと内蔵ストロボ)を除いた縦横の本体サイズは、2/3型センサー搭載のズームコンパクト「FUJIFILM X30」とほぼ同じ。
・・・って事らしい。
やっぱ、小さかったんだ〜〜〜。

としたら、これは、快挙!かもしんないよ〜〜。

画像

フジも、オリンパスと同じで、カメラの階級による画質差が無いメーカー。
最近、オリンパスは揺らいでおりますが、フジは、一貫しております。
そういう意味で、ユーザーには有り難いメーカーです。
選びやすい訳ですね。

これは、お値段的には「X-E2」と被りますが、さて、どういう位置づけになりますやら。
X-E2の「出っ張り」が無い、というのも、バッグへの収まりが良いのですが、これはこれで、良いかも知れません。
AFに関しては、先日発表されたX-T1への新ファームウェアによる新AFシステムが、さっそく搭載されているよう。

シングルポイントAFのほかに「ゾーン」「ワイド/トラッキング」のAFエリアモードも使える。
AFは、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたインテリジェントハイブリッドAFで、AF-Cには動体予測技術を搭載とな!

至れり尽くせりじゃん!

画像

X-T1にある防塵防滴仕様は省略。X-T1になかった内蔵ストロボが付く。
あとは、ファインダー画像が落ちるくらいか・・・E2と同じ解像力で・・・ちょっと大きめの画像。
・・・って、良くなってるジャン。(-_-)

画像

おおっ、これはぁ〜〜?!・・・な、意外性のフラッシュ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
買うならば?シルバーボディが良いですね!、、、
アナログな操作感も!!
ストロボが付いてますか、、、
拘りのコンパクトな高画質デジカメのようですね。。。
007
2015/05/19 03:47
ただ、お値段が・・・
フジのカメラも、なかなか値が崩れませんから・・・
三日ボーズ
2015/05/19 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
フジフイルムX-T10・・・良いかもしんない 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる