倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 本山・・・「青葉まつり」の朝

<<   作成日時 : 2015/06/18 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

早朝、鴨川を渡る時、弘法大師様の前に、伝教大師・最澄様に、ごあいさつ・・・の、比叡山。

画像

本山・総門。七条通りを東に進んで、東山通りに、突き当たり。真っ正面。
分かり易く、とっても良い立地条件。

画像

午前5時。院生によって総門が開けられました。今回、このショットを狙ってゆきました。
小僧も加行中、コレをやって「行者に、この風景、見せるかね〜?」と言ってたそうな(^^)

画像

本山・総門から見た七条通り。車が無いショットも狙ってたです。

画像

今日は、さすがに団参(団体参詣)の方が多くいらっしゃいます。
智積院会館ってこんなに泊まれた?・・・って感じ。

画像

お大師様への信心深く、晩年にお遍路に赴く気持ち・・・伝法院の心理学の学者様はどう考えるのでせうか?(^^)

画像

大師堂前。後に、多くの人が往き来することになるのです。

画像

柴灯護摩のスタンバイ。

画像

同じく。・・・ここれも、後で、文字通り熱気に包まれることになるのです。今は静か。

画像



画像

団参回向の時には通常本山職員のド〜シヨ〜モナイ読経なのですが、本日は院生。
もう、とっても立派な理趣経&陀羅尼です。

画像

何で職員じゃなかったの?・・・忙しかったから?
能化様の「一言・・・」が無かったのも、時間が無かったから?
楽しみにしてたですが・・・

画像

団参の記念写真。カメラマンはお馴染みの夫婦船。

画像

4〜5団体くらいあって、能化さまも大変だったでしょう。

画像

明王殿の護摩に向かう同行二人さんたち。寺に似合うな〜・・・当たり前か。特に本日は相応しい。

画像

柴灯護摩に参加の修験の女性?・・・お堂に入らず、ずっと外でした。女人故の遠慮でしょうか?
こうやって、自ら身を引く、というのも、日本文化だった・・・もの。

そういえば、智積院も昔「女人禁制」だったんだそうな・・・

画像

カラス、カァ〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本山・・・「青葉まつり」の朝 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる