倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 本山・青葉まつり(柴燈護摩)

<<   作成日時 : 2015/06/20 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

我が本山の青葉まつり・・・弘法大師と興教大師のお誕生祝い。
智山雅楽会も加わって、勇ましい法螺貝の音と、雅な雅楽が混沌とする中、山伏やらボーサンやらが、やっぱ混沌となってやってきます。

神仏混淆、カオスじゃぁ〜〜〜!・・・ですな。

画像

観客も混沌・・・

画像

能化さまが輿に乗って来られます。これを撮るために来たですよ。
今月一杯で、任期満了。山を下りられます。

画像

昔のお姉様たちによる献茶・献花・・・だったかな?

実は、法要の初めの「四智梵語」が余りにもヘタクソで・・・聞くに堪えず、呆れて出てしまいました。

ホントに、職員の法要はなってない!!恥ずかしい!反省も練習もないから、そうなるのよ!

年寄りばかりなのに高い音で出た「頭」も、その後声が出なかった職衆(しきしゅう)もダメだコリャ・・・ですよ。ほんっとに!。

お大師さまと、覚鑁上人に申し訳無いと思わんか〜!
心構えがなってない・・・というか「心構えが無い!」ことが問題だわね〜!!

画像

その女性たちが戻って行かれます。沢山の女性の集団って・・・お寺には珍しい光景ですわね〜。

画像

・・・なので・・・外で、柴灯護摩の場所取りしつつ、待っていることにします。暑い〜〜!

画像

柴灯護摩。事前に大峰山に入峰修行した山伏が修法・法要を行ないます。

画像

とりあえずWiki先生に聞いてみましょ。

大柴燈護摩供(だいさいとう ごまく)とは、野外で行う大規模な護摩法要のことである。
伝統的な柴燈護摩は真言宗を開いた空海の孫弟子に当たる聖宝理源大師が初めて行ったといわれており、醍醐寺をはじめとする真言宗の当山派修験道の法流を継承する寺院で行われる事が多い。すなわち、日本特有の仏教行事である。


画像


当山派(とうざんは)は、平安時代から江戸時代にかけて存在した真言宗系の修験道の一派。
金峯山を拠点とし、三宝院(醍醐寺)を本寺とした。

平安時代、9世紀に聖宝が金峯山を山岳修行の拠点として以降、金峯山及び大峯山での山岳修行は真言宗の修験者によって行われるようになった。
鎌倉時代に入ると、畿内周辺にいた、金剛峯寺や興福寺・法隆寺などの真言宗系の修験者が大峯山中の小笹(おざさ、現在の奈良県天川村洞川(どろがわ)地区)を拠点に結衆し、「当山方大峯正大先達衆(とうざんがたおおみねしょうだいせんだつしゅう)」と称し、毎年日本各地から集まる修験者たちの先達を務め、様々な行事を行った。
室町時代には36の寺院がこの組織に属していたことから、「当山三十六正大先達衆」とも称されたが、中世後期になると天台宗系の本山派との確執が深刻化し、聖宝ゆかりの三宝院との関係を強めることになる。

当山派は、明治維新後の神仏分離令および明治5年(1872年)の修験宗廃止令によって、真言宗に強制的に統合されることになった。


画像

どうして空海さんと覚鑁さんの誕生を祈念して柴燈護摩供をするのかは・・・不明。

もっとも・・・智積院の明王殿の護摩供において、本尊はお不動様なのに、どうして観音経を読むのかは「わからない」ということなので・・・これも、そんなモンかも知れない・・・(^^)

画像

ちなみに、弘法大師・空海さまのお誕生日が「宝亀5年(774年)6月15日」と言われていますが・・・
実は・・・ホントのところは分かっていません。

この6月15日説は・・・
中国密教の大成者である不空三蔵(真言八祖の「付法の八祖」の第六祖、恵果阿闍梨の師)の入滅の日であり、空海が不空の生まれ変わりとする伝承によるものでございます。

画像

弓矢加持?・・・アバン!

画像

刀鍛冶・・・いや、刀加持。魔を切り捨てるのじゃ〜。

画像

書くことが無くなっちった・・・写真を見てくだされ・・・m(_ _)m

画像



画像



画像

梵天加持・・・だったかな?

画像



画像



画像



画像



画像



画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
傘ってVIP待遇なんですね、、、昔、神社で花嫁行列を撮影した時もそうでしたから、、、

ところで、大分御作が貯まりましたね、後は何時、如何造るかでしょうか?・・・写真集を。。。
007
2015/06/21 03:21
まだ、冬の行事が撮れてないです。
まあ、撮れ高十分ではありますが・・・高望みは「雪」であります。
でも、これは、現地にいないと無理でしょうね〜

今回、フジとニコンの両方を使って、それぞれの長所・短所がワカッタ感じがしてます。
かなり勢いよく使っていたら、フジが何度かフリーズ。

レンズ交換をしている余裕が無い時には、高倍率ズームは便利!も実感。
案外、写りが良いのも実感。
でも、シグマのレンズが、AFが動かなくなること数回。
やっぱ、純正ッスかね〜?
三日ボーズ
2015/06/21 08:55
冬撮影は身体に堪えます!
過去の鉄道写真三冊の原稿取材でも、冬は大変でした、、、
大きな目的がないと精神的にも持ちません!!
もう今では出来ません、目的が他所へ向いていますから、。
007
2015/06/21 18:15
小生のショボイパソコン画面でも、ニコン機とフジ機の安定画質と高彩画質は確認出来ます、、、
使い分けで良いと思います、、、フィルム時代も35mm判(F100等)と中盤RB67(645AFD)の体制でしたから。。。
007
2015/06/21 18:22
とりあえず、天気予報を注意しつつ、チャンスをば待っているつもりです。
12月、1月の法要が撮れれば、1年撮ったことになります〜。
その後、気持ちに余裕があったらフィルムで撮ろうか・・・と思ったりしていますが・・・
それより、檀家さん向けに、あちこちのお寺を案内する印刷物を考えています。
趣味と実益で。
三日ボーズ
2015/06/21 20:03
ニコンは、オールマイティ。無難。安心。反応良し。
(まだ、やってませんが)RAWから現像するときの振り幅が大きい感じ。
JPEGでもPhotoshopでいじると分かります。

フジは、クセあり。JPEGで追い込んで行く面白さは、すぐにチェックできるフィルムのような、手応えあり。
風景向け。人工的な色をベルビアモードで撮るとダメ。
スナップの反応鈍い。カメラとしてはイマイチ。でも、レンズは一級品。

・・・でしょうか、ね?
三日ボーズ
2015/06/21 20:10
必ずしも純正がベストとは限りません、、、
価格が安いものはOEMですから、拘るなら高いクラスの純正品ですね、。

シグマのレンズは好きです、タムロンは最近のはどーもコスト絡みで特にAF性能に難?があるようで、、、

小生のD80+シグマ18-200(旧型)は個人的にはGOODです、テレ端を200mmに抑えてあるためか、そこそこに満足してます、300mmが必要なら純正AF-S70-300mm/4,5-5,6Gに交換します・・・現在の高倍率ズームは300mmではちと無理がある感じがします。
007
2015/06/22 04:09
何度かAFがフリーズしまして、レンズを動かしたら動く、という、単純に接触?
・・・という疑問・・・です。
画質的には、300mmは、純正70-300の300mmと同じか、ちょっと良い感じです。
三日ボーズ
2015/06/22 09:17
古い話で恐縮ですが、、、

D80でRAW撮影したモノは、ポジのように仕上がり大変満足しました、、、
しかしながら、デジカメでそこまでやるなら、フィルムカメラを所有してますから、そちらでやる分野?かなと、、、

こうなると作者の好みでどちらでも、お好きになさって、という感じですかね、。
007
2015/06/22 18:30
ベルビアは、やっぱフィルムのベルビアですね。
でも、他のカメラの「派手なモード」だと人工的な感じになったりする、その度合いがベルビアモードにはない、という感じなのと・・・
高感度領域でベルビアの色、というのは、フィルムではあり得ないことなので、面白いか、な?、と。
普通の感度でも、お手軽に撮れる感度のベルビア、というのは面白いでしょうか、ね。
ホントのベルビアさと、三脚必須、ですから(^^)///
三日ボーズ
2015/06/22 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
本山・青葉まつり(柴燈護摩) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる