倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルム X-T1の話し・・・

<<   作成日時 : 2015/06/25 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

・・・という訳で、いつの間にやら、我が手の内に「X-T1」がございますのよ〜ん。

やっぱり、これは必要だろ・・・・ということで。

その代わり・・・

パナソニックGH3,リコーGXR、同Mマウントアダプタ、iPad mini 、iPod Classic・・・あと、なんだったっけ?・・・という感じで、細々とした物を、コジマ・ビックカメラの買い取りに出して、諸々で10万くらいになって・・・で、X-T1購入、と相成りました訳です。

GH3・・・結局ファインダーが良くなくて、撮る気が失せました。
     14-140mmのレンズは良いので、一台で済むコンパクトシステムとしてGX7で代替え。
GXR・・・藤原新也になりたくて買ったものの、あまり使わず。
     同様のことはフジのXに、Mマウントアダプタを着けてもできるようなので、手放しま
     す。
     フォクトレンダーの15mmは、勿体ないので、持っていて、ベッサに着けます。

「X-T1」を手に入れた直後に「X-T10」が出て、思わず心が揺らいでおりますが・・・

何れ、富士フイルムは「X-Pro1」の更新を考えているはずで、それは来年の予想。
それまでの様子見、の、つもりで、X-T1止まり・・・で行くつもりでございます。

現時点で満足しております。
これ以上は「フルサイズ」という感じがします。

先ほど、バージョンアップも終了。

フジのカメラは、やっぱり「クセ」があるカメラです。
発色が良いと言っても「ベルビア・モード」では、色味が強すぎで、特に、人工物を撮ると色が不自然になります。(人工物で「不自然」ってのも変か?)
「ベルビアモード」は、自然の色を強調したいときに限った感じがします。
それに、シャドー部への色被りも、ちょっとクセがあります。
ホワイトバランスとの兼ね合いが悪いと出てきます。

いちおうRAWでも撮っておりますが、JPRGで仕上げるつもりで露出補正とかも考えて撮るようなやり方が良くて、そういう意味では、ポジフィルムの撮り方で、それが「直後に確認できる」という便利モノ、という感じ。

ただ、時々フィルムを使うと、デジタルの上がりは、やっぱ「ヌケが悪い」という感じがします。
「やっぱ、フィルムが良いなぁ〜」と感じます。

操作性も同様。
AFの具合も、止まっている物を撮るには問題無いし、ちょっと動くくらいは、なんとか大丈夫ですが、AF-Cには、やはりちょっとクセがあります。

露出にもクセがある感じです。
とにかく「慣れ」が必要なカメラではあります。
案外、全てマニュアルで使うと良いカメラだったりするのかも知れません。

クセが無い、という点では、ニコンのD7200がそうで・・・これは、問題無し。

D7100からの「使いやすさへの変更点」は、如実であります。
とにかくバッファ・メモリの増加で、使い勝手(連写)が全然違います。
高感度の描写も良くなっている感じです。

そして、慌ただしく撮る時には、やっぱ、一眼レフが良いのは「やっぱり」・・・です。
ホントなら、キヤノンの新型にでもしたかったですが、デカイのと、高いので却下。

フジ中心で、ニコンにはシグマの18-300mmという万能レンズを着けて、これ以上、お金はかけないつもりでしたが、先日の本山の取材で、改めて「ニコンの良さ」も知って、70-200mm F4 が無性に欲しくなっています。
先日の取材で、時折、AFが動かなくなることがあって、多分、レンズの問題だと思えるので・・・。

300mmまであると便利ですが、作品作りでは、そこまでは必要無いことが多いと思えます。
また、何か処分するか?・・・と画策中。

望遠で、動くものは、やっぱ一眼レフですわ。ま〜だ。今のトコロは。
それに、月を撮りたいし、野球も撮りたいので、シグマかタムロンの150-600mmとか、欲しいね〜。
中古で安くなんないかな〜、と思っています。

本山の取材も、年末・年始に色々あるので、考えます。


P.S.・・・バージョンアップのお知らせが入ってきたです。


ファームウエアVer.4.00は、2015年6月29日(月)14時公開。

- 動いている被写体を確実に捉える「ゾーン」&「ワイド/トラッキング」
- より高精度なピント合わせを実現「AF精度の向上」
- 人物撮影をより美しく「瞳AF」搭載
- 近接撮影をより快適に「オートマクロ」
- 動画の撮影もスムーズに「動画モードのAF改善」
- シャッタースピードダイヤルの操作性向上「露光時間の全域変更可能」
- 表現の幅が広がる「マニュアル露出時の露出補正」
- 被写体の見やすさアップ「フレーミングガイドの細線化」
- 表示名をわかりやすく「マナーモードの名称変更」


こういう風に、ソフトウェアのバージョンアップで対応してくれるのは嬉しいことです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・いつのまに!、、、X-T1、、、
・・・アナログ操作がたまらなく良い感じ!!
・・・それなりに高めの価格で、、、
・・・X-T10も出て、今度はAFの精度を上げたとの事ですが、、、
・・・X-T10ならもう少し待てば小生でも買えそうですが、GM5があるし、
・・・そういえば、GM5最近使ってません(苦笑)、。
007
2015/06/26 07:02
(^o^)・・・m(_ _)m
色々処分して・・・もしかして、SONY α7U なんてことも考えたですが・・・
「Mマウントとか、ニコンのレンズが使えるというメリットあり」で。
でも、やっぱ、他にもレンズが・・・と思うと、結構お金がかかるので、今なら、やっぱりフジのシステムを充実する方が安上がり・・・という、実は、コストパフォーマンスだったりすます。
007さん・・・
それより「G7」じゃないですか?
いじってみたら、軽〜るくて、オモチャっぽい感じがするものの、案外良い感じでした。
三日ボーズ
2015/06/26 08:00
G6、、、これも更に、あまり使ってません、、、
故にG7は?ですね、、、
仕事用に毎日使うのはIXY630です、予備共に二台体制です、、、
これは日用にメモ代わりにもしていて、消耗も激しいです、。
007
2015/06/27 04:02
それだけ、お仕事と直結した使い方をされているカメラは・・・
「アレがイイかな?コレがイイかな?」と迷う楽しみなしで、正に実用本位!。
消耗品、減価償却品でありますね〜。
作品作りでは、迷いと、心のブレが生じると「このカメラを買えば、こういう写真が撮れるか?、いや、撮れるに違いない!」という、正に趣味本位になりまする。
三日ボーズ
2015/06/27 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士フイルム X-T1の話し・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる