倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 手が出ないヒガミ・・・ということで

<<   作成日時 : 2015/11/11 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

有効約4,240万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ「RX1R II」がSONYから発売されるんだそ〜な。

「RX1・RX1R」の上位モデル? モデルチェンジ?

4,240万画素というのは、最新の「α7R II」と同等のイメージセンサーを使ったもので、画像処理エンジンも同様らしい。

でも・・・店頭予想価格は税別43万円前後!!・・・ということだ〜わさ。
α7R IIも、今、\377,871ですから、・・・ま、そ〜いうお値段、ということです。

だったら・・・2430万画素の「α7 II」のセンサーを搭載した10万円台のも出して欲しいものです。
発表の様子では、いちおう「RX1R・RX1の上位モデル」という扱いらしいし・・・

光学式の可変ローパスフィルターというのがどういう物かワカリマセンが、さて、このお値段や如何に??

「RX1R・RX1」と大きさもデザインもレンズも変わっていない様子。
ただ、センサーと画像処理エンジンが変わった・・・ということ。

SONYは「α7」は「U」が付いて、デザインもハード的機能も変わっていますが、これは、センサーと画像処理エンジンという感じ。
コロコロ変えない、という姿勢も良いと思いますが、さて・・・これは、いかがなモノでしょ?

ソニーによるとRX1Rは、レンズ交換式カメラのサブ機ではなく、あくまでもメイン機としての位置付けにあるという。対象ユーザーはプロ、ハイアマチュア。撮影ジャンルとしてはスナップやポートレートに加え、周辺の描写力や解像度が求められるスチルライフのコマーシャルフォト、携行する荷物が限られる山岳写真なども対象として見据えているという。
・・・【デジカメWatchより】

・・・と言うなら、この大きさはどうでしょ?
一回り大きい方が良いんじゃね〜でしょう〜か?

この大きさで、ブレ補正が無いと、ちょっとどうかな?と思います。
この画素数は、昔なら「中判カメラ」を使う感覚で撮るべきだと思うので、こんな小さなカメラで手軽に撮るというのは、相応しくない、と思うのね〜。

それに、このお値段だと、ライカのデジカメの領域に入ってしまいます。
SONYが言うような使われ方は「?」ですわな。
「プロのサブ」という感じじゃないでしょうか?










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富裕層狙いでしょうか?、、、
ライカ並のブランド信仰を”SONY”で確立できるか、否か、。
007
2015/11/11 06:25
SONYの場合、デジカメの命、心臓部のセンサーを作るメーカーという点で、電気屋さんのトップの技術を持ち、なおかつ、ミノルタを取り込んだことで、レンズも作れ、昔からのツァイスとの提携もあり・・・
デジカメの電気屋さんの部分と、レンズ屋さんと、機械屋さんの部分とが、上手く合致してるんでしょう。
この「RX1R II」は、ボディ&レンズはそのまま、という「αシリーズ」と同じような、センサー主導の販売。
SONYしかできないショーバイですね〜。
三日ボーズ
2015/11/11 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
手が出ないヒガミ・・・ということで 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる