倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えた写真データ〜

<<   作成日時 : 2015/12/11 10:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

う〜わっ!・・・やっちまったぁ〜〜!!
写真のデータが消えて、もう〜た!

ブログにアップするため、SDカードを抜き差ししていたですが・・・やっちゃぁイケナイことをやってしまいました。

ウチのiMacは基本「スリープ」にしております。
ある日、ある時、いつものように「スリープにした後」SDカードがカードリーダーに差したままになっていたので抜いてしまったのでありました。

このタイミングが問題で・・・
次にiMacを使おう思って・・・
たまたま「同じSDカード」を差してスリープ解除をした時に、カード内のデータが消えてしまうことがあるのです。(ないときもあるです)

カード容量を見るとデータ量は減っていないので、ログが消えている状態で、データは潜在している・・・という状態・・でしょ。

・・・んで、復旧ソフトの試用品をダウンロードしてやってみたものの、これに失敗。
なぁ〜んと、カードリーダーの接触が悪かったということもあり、途中で接触が切れてしまったのですた〜。良くないことは続くのです。

今度は、データ残量「空」の状態になってしまって・・・

「これ以上いじらない方がいいかもね状態」かと判断。
ネットで、データ復旧の会社を検索して、お願いすることになったのであります。

しかぁ〜〜〜し、これが大問題!

メディアを送り、先方より「復旧は可能」という連絡をいただいたものの、その「お代」が・・・10万円弱!!!・・・と、きたもんだ〜〜!!

人質取られて身代金寄こせ!・・・みたいな感じじゃん?

高かったら個人で出すのは大変だし、本山の写真なので「法人」として申し込んだ訳ですが・・・「法人」故のお値段でしょうか?

これ、個人だったら「泣いて」チャンチャン〜でしょ〜ねぇ〜。このお値段じゃ。

法人だから「足下を見られた」のでせうか??

一般の会社だったら、個人のミスじゃ出してもらえんでしょ。この額。
自腹切る覚悟が必要。その方が厳しいやね。

これ、データのログが見つかれば、後は簡単のはず。
データ量で云々ってのは、メディア自体が物理的に壊れちゃったりしたときとかの話しで、私のは簡単な復旧だとおもうのよね。実際の作業については知らないので想像でありますが。

依頼した会社では、データ量は関係ない、と言っていたのですが、これは「ぼったくり」じゃね?

人の弱みにつけ込みやがって〜〜的な、モンでしょ?・・・とか思ってしまうですよ。

自分のミス故、、文句言える立場じゃね〜ですが、ね。
それにしても、高い〜!!

データは、32GB。

データ復旧代金が、データ量に応じる、という会社もあって、そうでない会社を選んだのですが、こりゃぁ参ったなぁ〜!

復旧された、ほぼ32GBのデータは、同じ32GBのUSBメモリに入って送られて来ました。
「これが10万かぁ〜」と思いつつ、眺めてみる・・・。

32GBのカードを使ったのは初めてでした。

いつもは、16GBまでを使っています。
やっぱり、容量は小さいものを使ったほうが、こういう「もしも」という時に、失うデータが少なくて済みます。
復旧も安く済むかも知れません。

そして、スグのバックアップ!・・・これですわな。
これからの時期は、静電気もあるので、カードの扱いそのものも気を付けないと、ね。

それにしても、今回の「うっかり」は、高くつきました〜。
皆様も、データの取り扱いには注意されますように。


教訓・・・

1、容量が大きなSDカードは、もしもの時に、失うデータも大きい。

2、写真のデータは、すぐにバックアップ。

3、接触が悪くなってると感じたカードリーダーは、交換。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えた写真データ〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる