倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルム「X」の新型〜〜

<<   作成日時 : 2016/01/15 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Xシリーズフラッグシップ・モデル「FUJIFILM X-Pro2」

イメージセンサー、ファインダー、シャッターなどをリニューアル。
2月18日に発売。

画像

センサーはX-Trans CMOS III」。
2,430万画素。

複雑な気分になるけれど・・・「フィルムの粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能」・・・というのがきになる。

ファインダーはX-Pro1の「ハイブリッドビューファインダー」から、「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」に進化している。・・・って、何のこっちゃ?!

X-T1のEVFは、236万ドットの有機ELによるもの。ファインダー倍率は0.77倍。
X-Pro2のEVFは、EVFには0.48型約236万ドット。
これが「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」でどうなるのか?

大きさは、X-Pro1から、ほとんど変わっていないのだと思える。
今となっては・・・というか、発売当初から「間延びしたデザイン」感が否めなかったのでありますが、ソコが変わってないか・・・(-_-)

しかし、全く新しくなって、高画素になったセンサーが、さて、どんな写真を撮らせてくれるのでしょうか?
画像

X-T1とは、性能的には、上手くバランス取れている感じもします。
微妙に長所はあり、使い勝手がい違う。
そして、何よりも、新しいセンサーがどう出るか?・・・おそらく、じっくり開発されているでしょうから、問題は無く、きっと、良い物だと思えまる。

・・・だからこその「悩みどころ」・・・


そして・・・「X-E2S」を正式発表

画像

これは、今のところ考える必要は・・・ない・・・か。

そして・・・APS-Cセンサーに28mm相当レンズの「FUJIFILM X70」発表!

・・・私らに、どうしろって言うのさ?!

画像

おお〜〜〜〜っとぉ〜! これかぁ〜〜〜!!

2月18日に発売。9万円前後。

有効1,630万画素のAPS-CサイズX-Trans CMOS IIセンサー(ローパスフィルターレス)を採用。
レンズは35mm判換算の焦点距離28mm相当F2.8の単焦点レンズ。
非球面レンズ2枚を含む5群7枚。歪曲収差は限りなくゼロに近づけたという。

・・・おお〜っと「歪曲収差は限りなくゼロに・・・」・・・殺し文句じゃ〜〜!
非沈胴式・・・これも良い。

こりゃもう「リコーGR」のライバルだわね。

一番楽しみなのは・・・コレじゃな〜。(^^)/////


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
間延びしたデザイン>文字を入れれば良い?かも、、、
まあ内容が良ければデザイン性は納得するものになるのですが、、、

フジのレンズはパナのマイクロ4/3用に比し高めですが、私的には操作性や色あいを含めて良い印象を持ちます、オリンパスよりか、。

気になる点は、AF性能とMF時のフォーカスの合わせ易さですね、、、
D7200とのコンビはGOODと思います。。。
007
2016/01/18 04:49
X−T1で「FUJIFILM」って正面に出したら、ダサくて〜〜〜
何も無い方がイイかも、です。
ここまでレンズを買っちゃったし、後には引けない、ということで、X−Pro2、買い、ですかね〜?
三日ボーズ
2016/01/20 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士フイルム「X」の新型〜〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる