倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 南無大日大聖不動明王 (宇都宮・多氣山・初不動)

<<   作成日時 : 2016/01/28 14:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

本日は「初不動」。
なので、宇都宮市・多氣山(たげさん)不動尊へお参り。

画像

最近は、私自身の1月の「締め」として、ここにお参りするのが常となっております。

画像

お不動様は、密教特有の尊格で、お不動様を取り入れたのは弘法大師と聞いた。
お不動様は、大日如来の化身とも言われ、ゆえに「大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)」。

画像

多氣山では、錫杖経の後、祈願文。その後、諸真言、般若心経、不動呪・・・だったか・・・。

本山の明王殿での朝の祈願法要は、なぜか「観音経」。
まあ、智山派の祈願法要の次第に載ってる通り、といえばそうなんだけれど、これはオカシイ。
本山での講習会の折に、講伝所の人に聞いた人がいて、その答えは「分からない」でした〜。(T_T)

講堂を新たに造った時に、移動してからのお勤めなので、そんなに古くは無く、その時に、次第に則ってお勤めした、ということですか? 深くは考えず。

お不動様は、大日如来の化身であり、本山でも「大日大聖不動明王」の幟旗を掲げているんだから「理趣経」の方がいい。深川不動のように。・・・よく考えろ、本山。

祈願の法要を始めた頃・・・
「般若心経」の内容から「現世利益」のお願い事、ということに違和感を感じておりましたが、お大師様の『般若心経秘鍵』のよって、密教の経典である、との教えを信じて、納得するしかない、すね。

画像

真言宗では大日如来の脇待として、智山派では、大日の向かって右に弘法大師、左に興教大師だけれど、高野山真言宗では、左がお不動様。
また、天台宗では在家の本尊として置かれる事もある(Wiki先生)・・・んだそうな。

画像

多氣山と言えば、本堂への、この階段。
お年の方、足の悪い方にとっては大変な道のりですが、みなさん頑張って昇って来られます。
信心あればこそ。ありがたいことです。m(_ _)m

画像



画像

線香をあげる人も多い。・・・んで、自分の具合の悪い所へ煙を当てる。コレをする人が多い。
みんな、歳とともに、体に具体的な不安を持っているのですね〜。

老・病・・・・死。

画像

この日を知っていて、初詣とは別に来る方が多いのでしょう。
お不動様を信じるなら、今日が初詣だよ、というかたもいらっしゃるのでしょうか?

画像

何気なく、さりげなく「信仰の歴史」を感じます。
多くの方の信仰の証しが、そこかしこに感じられます。

画像

宇都宮と、その近隣では、中心地の二荒山神社と並んで、お寺なら多氣山、という感じでありまな〜。

画像

ノウマク サマンダ バザラダン センダマカロシャダ ソワタヤ ウンタラタ カンマン

ノウマク サマンダ バザラダン カン

・・・じいちゃん。背中、ピカチュウになってるで〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご祈願に観音経を上げるのは、観音経には具体的な「現世利益」がいっぱい出て来るからかな?と思いました。何でも叶えて貰えるって感じ? でも、ご本尊が観音さまじゃないなら、観音経を上げるのはしっくり来ないなあ…とも思います。どうして理趣経じゃダメなんでしょうね?
フラン
2016/01/28 18:15
多気のお山の下を走ってました。
つる
2016/01/28 20:34
フランさん・・・
理趣経じゃダメ、というより、考えてなかったんでしょ、我が本山。
隣の金堂での勤行が理趣経なので、重ねて読まない、ということでしょ。
明王殿移転より先に、祈願の次第はできてたみたいだし・・・
もともと、密教の観音様の強力な現世利益によって、観音護摩が祈願の始まり、という説もアリ・・・。
東大寺のお水取りも観音様だし。
三日ボーズ
2016/01/28 20:42
つるさん・・・

法螺貝と太鼓は聞こえなかったですか〜?

三日ボーズ
2016/01/28 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
南無大日大聖不動明王 (宇都宮・多氣山・初不動) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる