倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年早々、楽しいお話〜

<<   作成日時 : 2016/01/06 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

いきなり飛び込んできた、ニコンD500発表。(写真は「デジカメWatch」より)

ニコンはDXフォーマットを重視しなくなったのか?
DXの旗艦D300の後継は無いのか?

・・・ということは長く語られておりました。
ワタシも、その間、D7000、D7100、D7200と使ってきて「DX(APS-C)は、これで良かんべ」と思っておりました。

しかし・・・ニコンは、ちゃんと考えておったのですね〜。
でも、長い沈黙で、この間、キヤノンに移った方も沢山おられたことと推察いたします。

とは言っても、買えませんけどね・・・店頭予想価格は、ボディ単体が25万9,000円前後

画像

センサーは、有効2,088万画素CMOSセンサー。
常用感度は最高ISO51200。拡張でISO1640000相当(Hi 5)までの増感も可能。
D5と同等の「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を搭載。153点AFシステムを踏襲する。中央部と周辺部99点はクロスセンサー。
中央-4EV、その他-3EVの検出性能(ISO100時)。
連写性能は約10コマ/秒。連写時のファインダー像の見易さを実現したとし、「動きが速い被写体でも容易に追い続けられる」とする。
バッファメモリも大容量で、14ビットロスレス圧縮RAWを200コマまで連写が可能。
4K UHD(3,840×2,160ピクセル)/30pでの動画記録にも対応する。フルHD記録時には電子手ブレ補正も働くという。
背面モニターは上下チルト式の3.2型約236万ドット。D5と同様に、タッチ操作が行える。タッチAF、タッチシャッターも可能。
ボディに炭素繊維複合材やモノコック構造を採用。D750やD5500からの流れで、同じく薄型ボディに深いグリップを備える。さらにD500では、マグネシウム合金もボディ素材として使用する。


すげ〜な、ニコン! 本気です!

・・・買えないけど。

画像

APS-Cというのは、望遠に特化したカメラだと思っております。
事実、一眼レフには、良い、広角レンズがありません。

ワタシとしては広角が好きなので、やっぱり、良い広角レンズがあるミラーレスが中心になります。
広角レンズはミラーレスに向いているし、望遠レンズは一眼レフに向いています(設計上も)。

望遠を使ってスポーツなど、早く動くものを撮るには、今もってやっぱり一眼レフだし、望遠に強いAPS-Cが使いやすいと思います。
ワタシは、そういう使い方をしています。

今は、このD500が必要と思えるようなものを撮ることは無いですが、これも、高感度の性能如何によって「良いなぁ〜」ということになるかも知れません。

画像

でも・・カッケ〜!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
良い(高級)モノを観るとつい物欲が出ますね。。。
D7200ならばかなりの実力ですからね。。。
ちなみに小生は未だD80です。。。
007
2016/01/08 08:10
D7200は、カメラとしては「中級」という感じがします。
やっぱり、かつてのD300に匹敵する物ではなく、そもそもAPS-Cというカテゴリーがコレなのかも・・・と思っていたですが。
D500は、まさにDXのフラッグシップという感じです。
ニコンは、ちゃんと考えてたんだ・・・という感じで、嬉しいことで、買ってみたいですが、今の私の使い方では、20万強というお値段に適う必要性は無い、という感じでもあります。
三日ボーズ
2016/01/08 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
新年早々、楽しいお話〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる