倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もポスター

<<   作成日時 : 2016/04/28 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

毎年恒例の、宇都宮仏教会主催の「花まつり」に際して、ご寄付をいただいた方へのお礼のポスター。
もう、何年この写真を撮っているのだろうか・・・

この裏面に、協力していただいた方々のお名前を載せます。

毎年、悩みのタネ。

いちおう「仏様」と「花」を交互に・・・と思っていて、去年は仏様だったので「花」を前提に考えます。
「書」をいただいて(今回も理事長)、それに合うもの、と考えて・・・

書が「即心即佛、悲心悲佛」なので、仏様の感じになるかな?・・・と、花と仏像を新たに撮ることも考え・・・

でも「こういうこともあろうかと思って・・・」(by 真田志郎)、去年の6月だったか、蓮の名所で撮っておいた写真を持ち出し、選択。
その内の8枚くらいか、プリントして、カラーコピーで原寸にして、切り抜いて置いて・・・写真の物を選び・・・

下の2点は「蓮そのもの」過ぎて、早々に却下。
雨の日に撮った、水滴の着いたものにします。
単なる蓮の花に「気持ち」のような「プラス・アルファ」が込められるような感じにまるでしょう。

上の3点のウチ・・・
「気持ち」を込めると言う意味では「抽象的」な感じになってる右のにしたかったのですが「これじゃ、何の花か分からんか」・・・で、2点に絞って、微妙に引いていって、結局、この中では一番説明的な、真横から撮った真ん中の写真にしました。

写真として選ぶのは右上ですが、ポスターという性格と、分かりやすさ、では、これで仕方ないでしょう。
見る人は、心の中で右上の写真のようにズームアップしてくれるでしょうから。

・・・と、まあ、こんな感じで撮って選んで、という作業をしている訳です。

撮るときは写真屋でも、選ぶ時には、グラフィックデザイナーとして、客観的に写真を見て、容赦なく「選んで、捨てて」、という作業をしているわけです。

この両方を自分でやる、という人は、実は案外少なかったりするんだろうな、とか思ったりしながら・・・

去年、JPEGデータで入稿したら、見本のプリントを付けたのに、なんだか、色悪く、思ったより明るくなっちゃってて、やり直してもらってもあんまり変わらず、だった。
なんだかカッサカサの感じになっちゃったので、今回は変な風にならないように、キタムラのお店プリントで良いと思える仕上がりの反射原稿で入稿することにしてみた。

デジタルで撮ったときには、プリントを納得できるように仕上げて、それを原稿にした方が良いのかも知れない、と思った訳です。

これからは、印刷原稿を作る目的で、これまでは、あまりやりたくないと思っていた、自家製プリントをやってみようか、とも、思う。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎年恒例の、、、>>>最後の仕上げでなかなかですね、、、
”継続は力也”を感じます、脱帽!。。。
007
2016/04/30 15:25
10年くらいは続けてやってる感じですね〜。
継続故に、時に、産みの苦しみが襲ってきますが・・・
こういう場を与えられている、ということはうれしいことです。
「この場に相応しい写真を撮る(作る)」というのは、自分が撮りたいものを勝手に撮る、ということとは違う、ということを実感する時でもあります。
三日ボーズ
2016/04/30 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年もポスター 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる