倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS マミヤ7〜〜セブン〜〜せぶん〜〜

<<   作成日時 : 2016/07/29 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

久し振りに、マミヤ7Uの出動。
大宮の「開田裕治展」のついでに、東京都知事選のポスター撮影。

新橋の小学校跡の公園にはコンプリートされてるのがあるはず、ということで。
案外、揃ってない所があるのですよ。

この間の参院選も撮ってるので、ケッコウ、未現像のフィルムが溜まっております。
今回は、新たに手に入れた、35mmレンジファインダー用レンズも使ってみたので、35mmのポジも数本。

いつものコトながら、なんでこんなのにお金を出しているか?
・・・という疑問が頭をかすめますが・・・
2〜30年撮り続けているので、シャ〜ナイ、ってことですかな?
継続は力ない・・・なんちて(^_^;)

そのうち、写真集でも作るか?・・・と思ったり・・・
インスタグラムで公表、でも良いかな?・・・と思ったり・・・

何度も書いていることでありますが、このマミヤのレンズと、ハッセルのレンズと、ローライで撮るポジの写真は、まだまだデジタルに勝っていると思いまする。

そもそも、違うんですよね、できる写真が。

400のポジフィルムが無くなり、感度では到底敵いませんが、あのコントラストとトーンと色は、デジタルでは出ないと思っております。

フィルムで撮ると「写真は、画素数による解像力だけではない」ということを感じます。
『風景写真』なんかに掲載されている写真を見ると、フルサイズのデジタルカメラによる写真より、ペンタックス645とポジフィルムで撮った写真の方が、印刷の上がりは、まだまだ良かったりします。

比べると、デジタルは、ヌケと、コントラストが良くない。
なめらかなんだけれど、それはスムーズというのではなくて、ヌケが悪く、コントラストが弱い、という感じに見える。
・・・比べると、ね。

フルサイズ一眼レフよりも、やっぱり、フィルムの方が良い・・・と、現状では、まだ思えます。

ハッセルで撮るトーンと発色。
マミヤのコントラストとヌケ。
・・・これは、まだまだデジタルは追いつけません。

その仕上がりを見たくて、お金かけてるんですわね〜。

現像が上がるまでの一週間を経て見る作品予備軍の美しさよ〜〜・・・です。

ペンタックスの67・・・通称「バケペン」なんかも良いなぁ〜〜

でも、やっぱり、このカメラ、もう一台、欲しい〜〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
♪セブン、せぶん、7!♪、、、

やっぱフィルムは楽しいですね!!・・・フイルム衰退期ですが我々世代はデジタルとアナログを両方扱いこなして、楽しんで、、、今出来ることはこれですね。。。
007
2016/07/29 06:04
フィルムを知らない世代が、ネットでは、ああだこうだとスペックを語ってますがねぇ〜、ブロニーで撮ったら、そんなの吹っ飛んじゃうと思うのですが・・・
カメラ・レンズは中古で安く買って、しばらくは楽しめる感じです。
三日ボーズ
2016/08/02 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
マミヤ7〜〜セブン〜〜せぶん〜〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる