倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 散在する散財の散々

<<   作成日時 : 2016/07/05 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

う〜〜〜ん。フジ、X-T2か・・・。
販売の(在庫処分的?)キャンペーンとかもあって、情報(噂)のリークもあって・・・
「そろそろ♡」・・・という感じはしておりますが・・・

フジのデジカメは、みんなが「良い」っていうから、試しに買ってみたX-M1の色に驚いて、その後X-E2、X-T1と使ってきましたが、我が撮影機材の中心にあることは変わらず、当然ながら、X-T2も購入予定。

X-Pro2・・・は、その「特徴その1」であり、このカメラの「ウリ」でもあったファインダーが、眼鏡使用者には使いやすくはないようで、手を出したいのは山々なれど、我慢、我慢・・・で、ございまいました。
眼鏡使用者は、買ったら、使いにくくて後悔する、絶対・・・。

とにかく、ひととおりのレンズは揃えているので、決まった用途に、このシステムを使ってゆくつもり。
特に、10-24mmが良いレンズなので、これだけのためにも使い続けてゆく価値はあると思っております。

なので、新型が出たら、下取り購入・・・が当然、と思った方が良いのか・・・と。

おそらくセンサーも、X-Pro2と同じ進化したものだろうし、期待もできます。

実は、今使っているX-T1は、カメラとしての「出来」は、イマイチ、というしかない・・・という感じです。
気持ちよくは使えておりません。
撮れる画質は良いのですが「撮るための機械」としては、満足できるものではなく、買い続けて、進化を期待するしかないのか?・・・ということだと思っています。
レンズは良いのだから・・・

画像

最近、こういう「カメラを上から見た図」が好き。これもイイ。

どーも、オリンパスのE-M1MarkUが「いつ出るか分かんない」状態のようで・・・そういう意味では、先に「コレ」が出てくれるとありがたい。

・・・そ〜いう訳で、本日、細々としたモノを、まとめて、マップカメラに送付。
・・・買い取り依頼。在庫処分。資金捻出。

オリンパスも、PEN-Fが欲しいのをガマンして、E-M1MarkUを待っておりまするのよ。
見れば見るほど、PEN-Fが良いカメラに思えてならんのですが、ガマンですよ。

・・・でも「資金」ができたら、「こっち」へ行っちゃいそうです・・・(^^;)

画像

ま、例によって、こんなことを考えているときが、楽しい時・・・なのであります。

マイクロフォーサーズは、パナソニックの名レンズ7-14mmとフィッシュアイを残して、オリンパスに統一。
でも、GF5は、キットの電動ズームが良いレンズなので、そのまま。・・・どうせ二束三文だし。

GX7を残すかで迷った・・・
結局、GX7と、E-M5と、高倍率ズームを着けているので、用途的に被っております。
これは、もともと、「入れ替え」を想定してのことで、使ってみて、どっちかを選ぼう・・・という意味があってのことでした。

AFは、明らかにパナソニックが良いなど、一長一短。
写りの感じも、それぞれの画質は、比べちゃうと一長一短。悩みどころです。
比べなきゃいい、って話ですが・・・。

ま、レンズは、パナソニックをオリンパスを入れ替えても、殆ど同じ感じで使えるので、どっちのカメラを撰んでもOKだと思うものの・・・

オリンパスの一眼レフっぽい感じが、やっぱり好き・・・ということで。
やっぱり一眼レフタイプだと「ちゃんと撮ってる感」があって、取材に使うには良いし、単焦点レンズの出来が、その小ささも含めて良いので、それを使うためには、ボディ側ブレ補正のオリンパスが良い、ということ。

一番は、E-M5MarkUのシャッター音とかの感じが良くて、パナソニックのソレには失望した・・・というのが第一・・・か?

今は、とにかく、X-T2と、E-M1MarkU・・・待ち。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
X-T2・・・かなり良い感じに進化してるようです、、、
まあこの内容とこの品番の立ち位置では、、、
ボディ単体16万円台は仕方なし?ですかね、。
007
2016/07/10 13:07
PEN・Fに較べると、安い!と、思ってしまいます。
三日ボーズ
2016/07/10 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
散在する散財の散々 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる