倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しいニュース、続々・・・

<<   作成日時 : 2016/09/20 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像

富士フイルムから、かねてより「噂」はあった、中判ミラーレスカメラシステム「GFX」が発表された。

第1弾のモデルは「FUJIFILM GFX 50S」で、2017年初期の発売を予定する。
価格は未定だが、1万米ドル以下になるという。
35mmフルサイズの約1.7倍となる43.8×32.9mmのセンサーを搭載する。画素数は有効5,140万画素。ピクセルサイズは5.3μm。


富士フイルム 光学・電子映像事業部 営業グループ 統括マネージャーの飯田年久氏はミラーレスカメラのメリットについて、「小型化も1つだが、重要なのはミラーショックが無くなること」と強調した。ミラーショックで画像にブレが生じると、50%の画質低下になることがあるという。

画像

大きなカメラほど、特に中判というサイズになったら、一番レフのメリットは無いと言って良い。
かつて、フィルムの時には、写るのと同じ画像を見る(フレーミングとか絞りの効果など)ためにあったので、それがデジタルとなって、液晶ビューファインダーとなって、間違いないモノとなし、わざわざ、ミラーという、ブレを生む大袈裟なメカは無駄であり、加えて、ピントも、一眼レフの不確実なモノより、センサー面で、あるいはセンサーの画像で合わせるデジタルは、制度において、一眼レフの比ではなくなってしまった。

フジが中判を選んだのは賢い選択であり、また必然ともいえる選択だったと思う。
デジタル主流となって、写真館とフジの関係は薄れつつあったのだと思う。
写真館でニコン&キヤノンのフルサイズ一眼レフを使うとことが多い。
特にキヤノンは多いように思う。

かつて、フィルムの時代、写真館には、マミヤかフジの中判があった。
修学旅行とかの記念写真、観光地の記念写真に、フジのレンジファインダー中判が使われていることが多かった。

写真館で使われるカメラやレンズ、というのが、フジの主軸でもあったと言えると思う。

そこに充当する中判デジカメが必要なのは当然のこと。

フジにフルサイズ一眼を求める声がネット上に多かったけれど、フジはアマチュアの一眼タイプはAPS-Cで十分な性能を出している、と思っているし、事実、そういう製品を出し続けている。
これを「ちょっと大きい」フルサイズのするメリットは無い。
元々中判を持っていないニコン・キヤノン・ミノルタ(現・SONY)などがフルサイズ一眼レフを極め、中判のニーズには目を向けないのと同様。

メーカーの棲み分けにも、歴史と伝統があったりするのだ。

APS-Cの一眼を極めようとしているフジが、イッコ飛んで、中判に行くのは賢い選択だと思う。

EVFが外付けになっているあたり、よく分かっていると思う。
スタジオで使うのが主だとすると、EVFの必然性は低い。
必要な人、必要な場合の後付けというのも、賢い選択だと思う。

画像

そのフランジバックなど見ると、とっても良い広角レンズができそうだなぁ〜〜

・・・買えないけど。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
100万円は切る価格のようで、、、
まあ、”診てるだけぇー”で昇華、欲望消化、。
007
2016/09/23 11:01
しょうかね〜です(^_-)
手が出ないッスから。…>_<…
ネットではああだこうだ言ってますが、さすがフジはチャンと考えてますね〜
必要な人は限られていますが、ニーズはあるでしょう。
三日ポーズ
2016/09/23 15:23
富士の場合は、、、

コンデジサイズ>APS-Cサイズ>645的サイズ、となるわけですね、、、
個人的には小型軽量と画質との兼ね合いでマイクロ4/3機も便利で有効と考えていますが、、、

ペンタックス版と比較されると思いますが、さて如何なりますか、。
007
2016/09/24 04:06
ペンタックスが、645の一眼レフの資産を捨てられなかったのと同様に、ニコンやキヤノンも、35mm一眼レフの資産を大切にする必要があるでしょう。
ネットではニコンもフルサイズミラーレスを・・・とか無責任に言ってますが、ここしばらくのメーカーの歴史も加味して考えないといけにでしょう。
日本のメーカーも協業ということを考えた方がいいと思います。
ミレーレスというのは、メカの部分が少なく、韓国とかのメーカーの追撃がありそうです。
そういうものに対抗するには、例えばニコンなど、フルサイズミラーレスは、オープン規格のSONYのEマウントにすばいいのに、と思います。
どうせ主流にすることは無いのだと思えますから。
そういうことで、無駄を減らすことは良いことだと思うんですけど、ね。
マイクロフォーサーズなんて、もっと沢山のメーカーが乗っかってもいいと思うんですけどね〜。
どうせ、センサーを作ってる会社なんて限られてるんですから。
みんな同じセンサーで、同じマウントでやった方がイイと思うんですが・・・ね。
三日ボーズ
2016/09/24 22:56
Eマウント規格統一の件、ナイスな考えです!

しかしながら、メーカーとしては、独自性を出し、ボディとレンズを売って利益を確保したい、と考えているようです、、、
だからマイクロ4/3の規格参加が二社だけなのですね、。
007
2016/09/25 03:45
SONYも、APS-Cとフルサイズ一眼レフを併売していて、ソコにフルサイズミラーレスを入れて、さすがに当初はレンズが追いつかなかった感がありますが、色んなレンズメーカーが参加して、今や、魅力的はレンズが沢山あるマウントになりました。
キヤノンは自製とのことですが、Nikonなども、SONYのセンサーを使ってるんですから、Eマウントを使って、独自ボディと独自レンズを使う、というのも、これからはアリだと思うんですけどね〜。
三日ボーズ
2016/09/25 08:41
シグマの社長が、Eマウントレンズの開発を発表したそうです。
ますます、Eマウントレンズが充実します。
コシナのレンズもあるし、ドンドン、よいレンズが出てきました。
魅力的なカメラになったすね〜。
三日ボーズ
2016/09/27 19:16
シグマのレンズは良いですね、、、
企業の姿勢も、、、

昔ニコンF100用に購入した単玉300mmF2.8はバランス・性能・使用感最高です!
今も持ってます、、故にボディはニコンです。。。
007
2016/09/28 05:27
今のEマウントレンズの充実、特に広角レンズの充実は魅力的ですが、買えるボディがα7Uしかありません。
手持ちのミラーレスを全部処分して、αに逝く勇気は・・・無し!
小僧の野球撮影のため、シグマの望遠ズームを・・・迷っております。
三日ボーズ
2016/09/29 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しいニュース、続々・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる