倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary・・・買ってみた

<<   作成日時 : 2016/10/27 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

その「特殊性・・・しょっちゅう使う物ではない・・・」ゆえ、気にはなっていたものの、迷っていたレンズ・・・シグマの 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary。

実は、セガレの野球を撮るために買いまつた。
先日のリーグ戦の試合で使ったでつ。

東都3部は、普通の大学のグラウンドを使うで、写真が撮りにくいのですよ。
おまけに、今回の秋期リーグ戦は、芝工大のグラウンドが改修中で使えず、学習院が多く使われることになってました。
実は、ココが一番撮りにくい。

これはもう・・・外野の外からしかね〜だろ・・・という感じなのです。

・・・と思って、以前、Nikonの70-300mmをNikon1アダプタで着けて、換算810mmというのをやってみたものの、結局、810mmでも足らず、また、Nikon1 V2の画質もイマイチだったものであきらめておったですが・・・このレンズの登場!

元が600mmの笑点・・・いや、焦点距離だと、APS-Cフォーマットで1.4倍になり・・・
それを1.4倍クロップして使うと、換算1200mm!!・・・ですぜ〜〜〜!!

「1200mmなら、外野の外からでもチャンと撮れるか?・・・というわけで、思い切って買ってみた、というわけです。

その結果は、先日のリーグ戦の写真をごらんくだされ。m(_ _)m

守備の時はネット裏、攻撃の時は外野の外、ということを繰り返しやっていて、三脚を使う間もなくなり、手持ちで、木を支えにして撮ったりしても、換算1200mmでも、ほぼブレ無し。
・・・腕が疲れましたが・・・

画像

んで、今回、ジャパンカップにも持参。

これ、良かった!

まず、AF。
これまで、純正のAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDというのと、現在、シグマの18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [ニコン用]と使っておりますが・・・

ニコンの70-300mm f/4.5-5.6G は、さすがに古く、AFも遅い感じでした。画質もそれなり。
シグマの便利ズームは、やっぱりAFの反応、というか、追従がイマイチの感。

その点、この「シグマ150-600mm」は、AFの反応・追従共にとても良いものでした。
カメラを向けて、シャッターを押すと、直ぐに合う、という感じ。

動いていいる物でもすぐにあって、AF-Cで追い続けてくれます。
この反応の早さは、前述の2本とは明らかに違う感じです。

近づいてくる選手を撮り、目の前を通り過ぎた後、去りゆく選手にサッと向けても、AFオッケー!問題無しでした。
歩留まりも良い感じです。

AFは、AF-Cにして、ニコンの3Dフォーカス、というのを使ってみました。
ワタシは古い人なので、「親指フォーカス」というものを練習した事も無く、そういう古い人には、この3Dフォーカスは良い物です。

センターのフォーカスのマーカーで撮りたいモノを捉えてシャッター半押しで、ロック・オン、する感じ。
あとは、カメラが、フォーカスロックした部分の色情報などから、その部分にピントを合わせ続けてくれるというものです。

ワタシとしては、これが、このレンズで初めて実用になったという感じです。
しかも、この超望遠で。

画像

この150-600mmには「Sports」という、高価なタイプがあるのですが、自分としてはチョット厳しいお値段。
同時に、Nikon純正の200-500mmもありますが、これは、僅か「100mm」に違いでやめました。

外野の外から撮るとなるとこの焦点距離の差は大きい。
その差100mmですが、換算すると200mmの差となります故。

出たばかりのタムロンの同じ焦点距離の新型も、考えましたが、現時点で参考発売のシグマより、出たばかりのタムロンはちょっとお高く、また、シグマの方が技術的には一歩先んじているようにも思え、その値段の差は無いだろうと判断して、シグマの「安い方」にしたのでした。

本気で使うなら「Sports」の方が良かったかも知れません。
そう思える写りでした。・・・安い方でこれだけ良いなら、高い方はもっと良いだろう・・・と。

ジャパンカップの写真のように、先鋭度も、コントラストも、ヌケもよく、良い描写だと思います。

こんなに写るなら、野球だけでなく使えそうですから、「高い方」にしておけば良かったかな?・・・と、何度も思ったりしますが、安い方でもこれだけ写る、と思えば、まあ、いいでしょうか?

NikonD7200と合わせて使って、ピントの追従性が良く、D7200のホントの性能を見た感じがします。

これなら、望遠専用として、D500という選択肢もありますが、およそ25万円というのは、かなり無理。
迷いますけどね。
でもやっぱ、高い・・・っしょ。

まあ・・・D7200で頑張る方が良い、と思う今日この頃、でございます。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコン70-300mmF4.5-5.6Gは小生も持っていて、D80で換算テレ端450mmですから、まあ一般的には十分です、、、
以前F100にシグマ300mmF2.8+TC2.0=600mmF5.6で樽見鉄道を撮影しましたが、持て余してしまい意味無い写真になりました、、、余程の目的がないと超望遠は使えません、、、

その点はスポーツ撮影にはピッタリ目的合致ですね、、、
シグマの製品はしっかりしていてGOODです、タムロンは案外にNGなところがあり、現在旧型マクロ90mmF2.8が有るだけです、、、
野鳥の撮影にも使えますね、、、

良い買い物でしたね。。。
007
2016/11/01 08:20
実は、シグマの18-300mmの、レンズとの接触が悪くなったのか、時々AFが動かなくなるときがあります。ちょっと動かすとなおるのですが、ちょっとイラつきます。
最近のシグマは、ワンランク・アップした感じがします。
レンズの設計も、性能も良くなっている感じがします。
10万くらいで、換算1200mmは、良いと思います。
AFの反応も良い感じです。
三日ボーズ
2016/11/01 17:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary・・・買ってみた 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる