倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 時は秋、我が人生も、既に秋・・・・・・・

<<   作成日時 : 2016/11/26 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

遠くへ出かけることもできず、今年は紅葉が良い、という話を聞いたり、長谷寺に行ったりしてる人が羨ましく思える、今日この頃・・・

仕方なく、我が境内の「秋」を撮りませう。

画像

四季がある我が国。

野坂昭如さんが歌う「花ざかりの森」という歌のサビが次のように語る。

春は夏に犯されて
夏は秋に殺される
秋はひとりで老いぼれて
嗚呼 冬はみんなを埋める
  (作詞・能 吉利人)

すんばらしい歌詞だと思います。
四季をこのように詠んだ人はおりませぬ。

四季は、それ、人の一生にも喩えられる。

春〜生まれて、育ってゆく
夏〜大人として充実、安定している
秋〜歳をとりはじめる
冬〜晩年〜死

そして、春〜再生。・・・四季があると輪廻の思いも自然に生まれるのだと思う。(インドとは違う)

人生を同様に飛行機に喩える。

離陸〜上昇=誕生、そして、子供から大人へ
水平飛行=大人として安定
下降=年をとる
着陸=晩年〜死

画像

自分は、今まさに、「秋」にいる。
パラパラと・・・色づいた葉が、落ちて行く・・・
一陣の風が葉を散らす。
「最後のひと葉」ではないけれど・・・
色づき、枯れ落ちる葉。
舞い散る葉を見ながら、「我が身」を想う。
見る見るうちに落ちて行く葉っぱ。

年取るスピードが加速続け、ドンドン増しているように思う。

画像

一年も終わりに近づいて、念頭の思い、未だ達せず。

・・・この繰り返しにも、いい加減、嫌になる。
またか、まただよ・・・という思い、反吐が出る。
このいい加減な性格も、嫌になる。

だんだんと、気持ちが沈んで行く頃合い・・・なのである。
まったくもって、嫌な時期である。

どうにもこうにも、今の時期が一番嫌な時なのだ。
振り返るのも、来年を思うのも嫌だ、

画像

そんな繰り返しをしているうちに、還暦も目前となって、余計に気持ちが落ち着かない。
気持ちが悪い。
己への嫌悪感ばかり。

ボケ始めた両親を見ているのも、どうにもイカン。
「バカヤロ」と腹が立っても、ボケてんだから仕方が無い。

画像

なんだか、ワタシもボケてきているように思う。

昔から、忘れっぽいのだけれで、最近、頻繁になってきたように思う。

本を読んでも頭に入らない。
オレはなんて頭が悪いんだろう?!・・・・と苛立ってくる。

頭の良い、悪いというのは、あると思う。シミジミと、そう思う。

車やカメラの性能差があるように、ノーミソの性能差ってものが、歴然とある、と思う。

それは、やっぱり、中学あたりからの鍛え方が、多少なりともあったかと、後悔する。

最近、つくづくそう思う。

画像

嗚呼、オレは、英語が喋れないまま死んで行くのか・・・

嗚呼、オレは、ピアノが弾けないまま死んで行くんだ・・・

嗚呼、オレは、サンスクリットなんて読めないまま、死んで行くんだ・・・

嗚呼、オレは、殆どのお経の意味を知らずに死んで行くんだ・・・

嗚呼、オレは、空海さんの著作を理解できないまま死んで行くんだ・・・

嗚呼、オレは、ポルシェに乗らないまま死んで行くんだ・・・

嗚呼、オレは、フェラ♡〜リにも乗れないまま死んで行くんだ・・・

画像


結局、オレは・・・・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
同感です。
onosan
2016/11/26 12:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
時は秋、我が人生も、既に秋・・・・・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる