倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ICレコーダー較べ

<<   作成日時 : 2017/02/09 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

小学生の頃からの録音機好きですが・・・
今回、色々、比較してみました。

まず、SONYの最新型「ICD-SX2000」(左)
ハイレゾの録音再生がウリ。
隣の「ICD-SX1000」も、ハイレゾで録れましたが、高いレートで録音できたというだけ。
ICD-SX2000は「ハイレゾ」をウリ!・・・にしてますから、言うだけの違いはあるのだろう、と買ってみたわけです。

実は、このどちらも「充電式」になってしまいました。
最初は、これがネックで買わなかったのですが・・・
バッテリーが充電を重ねて、段々劣化していったときの録音時間が気になるので。

でも、PCM-M10が生産終了になってしまったので、いずれ、後継機が必要になるだろうから、それになるモノとしての期待を込めて試してみた次第。

これが、以外に良い音質で録音できました。
何よりも、オートのレベルが秀逸です。
特に、音が小さいときに、必要以上にレベルを上げない、という点が他に類を見ない良さです。

メインはデカいレコーダーを使ってマニュアルレベルで録って、そのフォローをして当機を使う、という用途ですが、ICD-SX1000は、音が小さいときに、やっぱり、レベルが上がります。
メモ程度ならいいですが、やっぱり、不自然。

大概のレコーダーは、音が大きければ小さくして、小さければ大きくする。
当たり前のことですが、ICD-SX2000はどういうプログラムなのでしょう?・・・音が小さいときに過剰にレベルを上げないで、全体がバランス良く録れます。
わざわざ見せるデザインのマイクの性能も、良い感じです。

これがあれば、ICD-SX1000は要らん、ということですな〜。

ICD-SX2000は、型番は繋がっている感じですが「別物」の感じがします。
ICD-SX1000はICレコーダーであり、ICD-SX2000は、PCMレコーダー、という感じですな。

画像

PCM-M10も、オートの録音レベルの具合が良くて、未だに使っているのですが・・・

でも・・・
SX1000では、最高音質録音でも外部メモリーが使用できたのに、使用できるmicroSDの容量に制限があり、その最大が32GBまで。

ICD-SX2000は、32Gの制限がなくなったため、64GBのmicroSDカードが使用できるものの、ナンと、最高音質での録音時には使用できないというヘンな規格。謎、です。

それと、小さければいいというものでなく、ワタシとしてはPCM-M10くらいの大きさがあった方がイイ。
小さくすることで、どの機種も「操作する」という点で、非常に使いにくくなっています。

画像

PCM-M10は、無指向性マイクの特徴で、音がちょっと籠もるような感じがあったので、ヤフオクで、パナソニックの、その筋では有名らしい「WM-16A」というマイクカプセル使ったハンドメイドマイクを見つけて買い、付けています。

これが、とても小さい無指向性マイクのくせに、なんとも良い音で、張りがあり、感度も良くて、ノイズも少ない優れものです。
これの形の違うモノを4つ作っていただき購入しています。

PCM-M10は、しばらく使わないでいると、時計用のバッテリーが切れてしまい、リセットが必要になるのと、外部メモリーを入れたときに、イチイチ内蔵と外部のどちらを使うかを選択しなければならない、という点が面倒ですが、やっぱりこれは、良い機種。

無くなりそうな時、もう一台買いました。

画像

新しいものが出ると気になって買ってしまう・・・(^_^;)

最近、+噛む・・・いや、TASCAM(TEACのPro用ブランド)の「DR-100 MkV」を買ってみました。

色々、瞑想・・・いや、迷走している感じがアリアリ・・・です(^_^;)
新しいものは取りあえず使ってみないと分かりません。
毎度毎度、今度こそはベストな機種や〜、といいたくて、買っている訳ですが・・・・

こんなに違うのがあっては、使い方だけでもややこしく、間違いの元なので、ホントは、どれかに絞って、複数台持つのがよいのだよ・・・と思いつつ。

画像

ローランドR-26。
これは、同時に6チャンネル録音できるもので、外部マイクと内蔵マイク、内蔵の無指向性と指向性の2種の使い分けもできるし、同時録音もできる、というもの。

初めは、これに高音に特徴があるROADのステレオマイクを付け、内蔵マイクとの同時録音をしていたのですが、ROADの本体が、すぐ錆びて気持ち悪くて使う気になれず、今は、本体内蔵の無指向性と指向性の2種の同時録音をしています。

これが、どちらか一方だけだとダメ。
無指向性は、籠もってるカンジだし、指向性は低音が無い。
両方合わせるとちょうど良く、良い音で録れます。
これも、安心できる機械。
でも、操作に慣れないし、毎度4チャンネルを使うので、メモリを消費します。

画像

TASCAMのDR-100 MkV。
確かに、ノイズは少ないのですが、SONYに較べると、感度がかなり低くて、いつもレベル設定に迷います。
でも、SONYので音が大きすぎた、というような時には良いフォローになっています。
SONYPCM-D100の、派手な音に較べると、ノーマル、フラット、という感じ。
これも、音質的には安心できる感じです。
でも、操作が、しにくい。

画像

SONYの「PCM-D100」。
長いことコレの前のPCM-D50を使っていましたが、何せ、メモリーカードが「メモリースティック!!」・・・では、もはや、だめ、です。

しかし、これは、さすがに音がイイ!
この中で一番、ですね。
でも、感度が高すぎて迷ってしまいます。

前のD50は、低音が全く無い、という感じでしたが、これも、その雰囲気を残しつつ、やっぱり、音に艶がある感じは、変わりません。

一番は、「デジタルリミッター」が秀逸なこと。
特に、法要を録ると、鳴り物が入ります。これにこのデジタルリミッターが対応してくれます。
瞬間の大音量に対応して、しかも、瞬時なので、全体の録音レベルが下がることがない、という優れもの。

これを使うようになって、いわゆる「ハイレゾ」での録音をしています。
これまでは、CD同等のレートで録っていましたが、やっぱり、ハイレゾは、音の臨場感が違います。
メモリーを食いますが、安くなっているので気になりません。

「2台持ち」を考えると、やっぱり「これ」かな?・・・・と思います。
一番高いのが難ですが。

これまでの機種で録音したデータをパソコンに移して、機械は処分する、ということを考えた方が良いかも知れません。

DATやら、MDやら、Hi-MDから・・・色々あるのですよ。
こまったモンです。

整理しよ・・・











ソニー ステレオ ICレコーダー 16GB リニアPCM録音モデル ハイレゾ対応 可動式マイク搭載 ICD-SX2000 【送料無料】【KK9N0D18P】
激安家電販売 PCあきんど楽市店
特徴リニアPCM(96kHz/24bit)形式で、原音に忠実なハイレゾ録音が可能です。また、192k

楽天市場 by ソニー ステレオ ICレコーダー 16GB リニアPCM録音モデル ハイレゾ対応 可動式マイク搭載 ICD-SX2000 【送料無料】【KK9N0D18P】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
三日ボーズさんの記事を参考に売店で色々診てますが、、、
どーもイチイチ不満な処が出てきて、決められず買っていません、、、
程々で、1台でよいのですが、なかなか決断できずにズルズルです、。
007
2017/02/12 14:41
(^^)・・・なので、結局、色々買ってしまう訳です。
完璧なのに出会う旅・・・・です。(^_-)
三日ボーズ
2017/02/12 15:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ICレコーダー較べ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる