倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルム本社へ・・・

<<   作成日時 : 2017/02/10 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

X-T2のセンサーにゴミが付いたようなので、新しいブロアを買って、強く吹いたら、水が出てきて、センサーに付いたですよ。

それはしばらく置いても蒸発せず、なんか「水ではないもの」と判断。
これは、私の手に負えるものではないであろう・・・ということで・・・

上洛の途中、東京ギロッポンにある、フジフイルム本社内にあるサービスセンターに寄って、センサーの聖僧を・・・いや、清掃をお願いしました。

その間、一階のギャラシーでは、南都・・・いや、何と、入り江タイ基地・・・いや、入江泰吉さんの写真展をやっていました。

今も鮮明な、入江泰吉さんの大判カメラでの写真と、もしかしたら、これが例の「月の二重露光か?」というものを見ました。

入江泰吉さんだったと思うんですが、月のキレイな時にそれを望遠で撮っておいて、フィルムフォルダーに「この辺に月を撮った」という記録をして、保管。
これぞ、という時に、その「月、撮影済み」のフィルムに風景を撮るんだとか。

それが、「コレか?」・・・という感じの作品がありました。

また、新しいフジのデジカによる作例も展示してあり、特に、中判といえるセンサーを持つカメラ「GFX 50S」の作例に驚きました。
素晴らしい解像力と、トーンの豊富さ。コントラストもいい。
やはり、それより小さいセンサーとは違う、という印象でした。

ま、手が出るカメラぢゃないですが、とにかく、美しい写真でした。
ペンタックスは、一眼レフの645をベースにしてデジタル化しましたが、やはり、ミラーボックスが必要だったのか?・・・疑問が生じます。
ピント精度や、ミラーショックを考えると、ミラーレス・タイプを選択したのは正解。
それも、APS-Cの「X」シリーズのように、ゼロから作ったからできたこと。
過去の財産に縛られると、新しいシステムへの対応が間違ってしまうのだと思います。

「GFX 50S」・・・欲しくなりますね〜、買えないけど。(繰り返す)

他に、アマチュアの作品展もあり、色々見ると、こういう作品展や、公募に出す際の「タイトルの付け方」の重要性を感じました。

一枚の写真にタイトルを付けて公募に出す、というのは、高校の時でやめましたが、こうして皆さんの写真を見ると、タイトルが陳腐なのが多いようです。

だいたい、写真を撮ってからタイトルを付けるのが多いせいでしょうね〜。

「何を撮りたかったか」というより、撮れた(撮れちゃった)写真に「そのまんまジャン、見たまんまジャン」というような感じのタイトルを付けてるケースが多いようです。

カメラ雑誌など、若い人が奇をてらったような、あるいは、文学的過ぎてワカラン、というタイトルを付けているのも見受けられますが、そういう独善も良くない。・・・難しいものです。

そういう写真は撮らない、と思っているので、まあ「ワタシにはカンケーナイ」とは思っていますが、人のを見ると何とかならんか・・・と思ってしまいます。

そうこうしているうちに、センサークリーニング終了。
バージョンアップもしてくれたよう。

発売一年以内の機種ということで、無料でした。
今後は有料。
一時間はかからなかった。

んで、上洛。・・・あまりカメラの出番は無かったですが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
”過去の財産に縛られる・・・”>ニコンは縛れてますが、そこがまた素人ユーザーには面白い?気がします、。

相変わらずセンサー付着ゴミの問題はスッキリしませんね、、、
新型発売で毎度の性能アップよりも、ここは早く解決して欲しいものです、。
007
2017/02/12 14:31
まったく、センサーのゴミ問題は、抜本的な改革をのぞみたいです。
ワタシのは、ワタシのミスですが・・・何か液体が出てきたブロアのメーカーにもの申したいです〜。
ミラーレスになって、もっと沢山のメーカーが参入してくるかと思いましたが、そうでもなかったですね。
日本のカメラ産業はまだまだ大丈夫。
三日ボーズ
2017/02/12 15:54
ブロアは経年してますか?
石油製品のゴム類は経年で石油分が滲んできます、、、
電線の絶縁被服はゴム(ビニール)類ですが石油製品です、経年で熱が加わると液体(油分)が出て来る事例を何度か経験しています、。
007
2017/02/12 19:00
まったくの新品!でございます。
ヨドバシで買って、封を切って、出して、すぐ・・・何か、出てきました。
三日ボーズ
2017/02/12 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士フイルム本社へ・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる