倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS でたか、D7500

<<   作成日時 : 2017/04/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

噂のあった、D7500が発表になった。
7300じゃないんだ〜。

デジタルは発売が頻繁で、型番無くならないのからん〜、と、心配。

最高約8コマ/秒の連写などAPS-C最上位機「D500」(2016年4月発売)の特徴を受け継ぎながら、D7000シリーズらしいコンパクトなサイズ感にまとめた。ボディはモノコック構造となり、35mmフルサイズの「D750」などで持ち心地に定評のある深いグリップを実現している。

また、D500の登場でD7000シリーズ自体の想定ユーザーが明確となったため、これまで続けてきた画素数アップのかわりに、D7200に対して要望が多かったという連写速度、軽量化、バッファメモリー増量、高感度画質向上などに注力したという。

約2,088万画素のCMOSセンサーを採用(光学ローパスフィルターレス)。画像処理はEXPEED 5で、いずれもD500と同じ。8コマ/秒の連写や、4K UHD(3,840×2,160/30p)動画記録に対応。フルHD記録までは電子式の動画手ブレ補正も使える。

感度はISO100〜51200(拡張でISO50相当・ISO1640000相当まで設定可能)。D7200はISO25600(拡張でモノクロのみISO102400相当)までだった。

連写速度は約8コマ/秒。従来の6コマ/秒からアップしている。連続撮影可能枚数は18コマから50コマに拡大(いずれも14bit ロスレスRAW)。

AFセンサーは、D7200やD750と同じアドバンストマルチCAM 3500II。51点AFシステムを搭載し、D7000系で初搭載となるグループエリアAFを利用できる。ライブビュー機能を使ってAF微調節を自動設定できる「AF微調節の自動設定」をD500から継承した。


〜以上「デジカメWatch」より〜

連写スピード、バッファ増量は嬉しい。
D500のセンサー流用も嬉しい。

でも、ワタシとしては、D750を買ってしまったので、D7200の処遇をどうするか?・・・というところ。

スナップ用・サブとして持っているか、処分してレンズのタシにするか?・・・というところ。
どうしたモンか。

先日の行事の記録としてD750を振り回すのは大変と実感。
ましてやフルサイズ用の28-300というような便利ズームも、重くてこたえる。

でも、オリンパスE-M5MarkUの写り、特に発色に違和感があるので、行事の撮影にAPS-Cがあると良いかも知れない・・・ので、D7200温存とも思える。

・・・迷うところ。

オリンパスE-M5MarkUを、写真にウエイトを置かない取材用と、アートフィルター用として、イベントなどの撮影のサブにD7200を使うか?

それにしても、D500と同じセンサー、同じ画像処理ソフトというのは魅力。
フルサイズに迫る高感度性能。
アップしたバッファ容量。

この辺は魅力。

ただ、D500が出て、D7000番台が、D300系の後継も兼ねるのか?という感じは無くなり、D500が出て、7000番台は、「廉価版」という位置になった、ということか。

ストラップの取り付けとか、パワーバッテリーが付かないとか、メモリーカードがシングルになったり、というところが廉価版で、その代わり、上級機種のD500と同じセンサーとかの性能を載せたという感じ。

きっとレンズも、18-140mm。これが、このカメラの立ち位置を示しているような感じがする。

良い方向性だと思う。

それにしては、スタートのお値段がD7200より高いけれど。


D750とD7200を持っていなければ「買い」でしたね〜。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
デジカメ市場の縮小化で各社はカメラ事業存続の危機らしく、、、

何故ストラップ取り付け部の簡略化などをしたか!、、、
ニコンはフルライン化を縮小し、高級FX機と普及DX機との差別化促進と機種統廃合整理?を画策でしょうか、、、ペンタは消えるかも、。
007
2017/04/13 18:48
APS-Cの3000番台や5000番台は、入門機と言っても、案外使いにくいもので、7000番の方がビギナー向きだと思うんですよね〜。
運動会とか撮るならこれだし、入門機は他社ミラーレスの方が向いている感じがします。
一眼レフが主のメーカーは難しいように思います。
それこそ、上級機種が中心。・・・でも、台数は捌けない。
難しいものです。
D500と同じセンサーなどの価値観を出しつつ、コストダウンを計る、よく考えてはいると思いますが・・・・市場の動きはワカランですね〜。
ペンタックスは、高価値の機種に絞るということで、残すんでしょうが、645とかが危ないですね、多分。
一眼レフもメーカーを越えて淘汰される時代なのかもしれませんね〜。
三日ボーズ
2017/04/13 20:28
ここまでならイオス80Dの方が良いかも?、、、

レンズ資産に縛られてる者より、、、。
007
2017/04/17 16:23
D300の位置を補うかのような感じだったD7000番台でしたが、今一歩及ばずのまま、そこにD500の登場。
で、D7000番台は、ちょっと格下げ。ただ下げる訳にはいかないので、D500と同じセンサーをのせた、と、こんな感じでしょうか?
入れ込んで行くと、ワタシのように、多数のマウントを使うという事になって、泥沼・・・ですよ。
三日ボーズ
2017/04/17 20:57
男の特権、道具の泥沼もまた楽し、苦痛と快楽は紙一重ですかね、、、

昔オーディオ全盛期、オーデイオマニアの上をマッドと呼び、かなり病的で深刻な状況と解説した長岡鉄男氏がいました。。。
007
2017/04/18 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
でたか、D7500 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる