倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS サクラ、散る・・・

<<   作成日時 : 2017/04/16 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

まだ桜花は残っていて、そよそよと吹く風に、チラホラと花びらの舞う今日この頃・・・

今年の咲き始めが寒くて、天気も悪く、なかなか良い日和にならなかったですが、満開の頃から、良い天気が続いております。
まだ、花見客はいらっしゃるよう。

市内、いや県内の桜の中でも、結構知られた木のようでありまして、毎年、沢山の方が見に来られます。
さすがに、「三春の滝桜」には及びませんが・・・でも、ああなっては大変です。
三春は、昔は細い農道だけだったのですが、道路は広げられ、大型バスが留まれるような駐車場もできました。
さすがに、行政の出番となったようす。

日本人の「桜」への思いの強さ、花見への貪欲さを感じずにはおれません。(^_^;)

画像

もともとそんなに知られた木ではありませんでした。

子供の頃に撮られた桜の木の写真を見ると、今ほどの大きさは無く、回りにほかの木も生えていたので、桜が目立たなかった、ということもあって・・・
小学校の同級生など「こんな桜の木があったんだね〜」という感じです。

知られるようになったのは、日本画家の故・松本哲夫さんが、海外で展覧会をするのに「富士山と桜」というテーマで書きたい、と、日本中の桜を見て回って・・・なんだ、こんな(アトリエの)近所にあったのか〜・・・と仰って、通われ、描かれました。

その帰国展の図録にそのことを書いていただき、名前も載せていただいたことで、見に来る人が増えました。

それと、地元新聞に載った記事の影響も大きかった。

以来、新聞等の取材はお断りしています。
お高くとまっているわけではなくて、これ以上花見客が増えると、車の通行などが滞ってしまいそうだからです。
それに、さすがに、対応しきれないですから。

画像

寺としては、こういう物があるということは有り難いことだと思っています。
沢山の人が桜を見て「きれいだね〜」と喜んでくださるのは、この世の浄土を見ていただくようなもので、そういう気持ちになっていただくことは大変嬉しいことです。

しかし・・・

寺は開放されたトコロですから、どうぞ出入り自由で・・・という感じではありますが、これを「私んち」と考えると、自分ちの庭に、沢山の人が右往左往しているというのは落ち着かないものです。

まあ、この点は、上に書いたような気持ちで、仕方が無い、と思っていますが・・・

公共の物としても・・・やはり、人の公衆マナーの悪さは感じます。

外のトイレが驚くほど汚くなっていたり、上の桜を見るのに夢中で、下の草花を踏んでしまったり、庭の変なトコロに通路を作ってしまったり・・・迷惑に感じることも多々ありますが、ある程度は、仕方ない、と思っています。
あまりに、トイレの汚れが汚かった時には、さすがに「故障中」にさせていただいたこともありました。

朝、6時に寝室のカーテンを開けると、外に三脚が2〜3本立ってる、なんてこともよくあります。
ウカウカしておれません。ユダンタイテキなのであります。

こうなると、さすがに落ち着かない・・・(>_<)

住職などは、お賽銭が沢山入ってる〜(^^)/・・・と言って、嬉しそうに回収しておりますが・・・
ま、お賽銭を入れていただければ、それが拝観料のようなものでしょうか?

文字通り現金なことを言えば、それなりの収入はあるので、住職は「お賽銭でチャラ」(^^)/・・・と思ってるのかも知れません(^_-)

拝観料をいただくようにすれば、少しは落ち着くか、と思えども、外から丸見えだし、シャットアウトすることもできません。

まあ、基本的には・・・「Welcome〜♡」です。

画像

何人か、「故人が、あの桜のキレイなお寺にお世話になりたいと言ってたもので・・・」ということで葬儀をして檀家さんになっていただいた、というケースも、時々あります。
これは、一番有り難いことです。
そういう思いで、お寺を選んでいただいた、ということはこの上ないヨロコビであります。

桜を愛でる、という日本人の心に添うものが寺にあって、皆さんが喜んでくださるということに関しては、こんな有り難いことはない、と思っています。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろ有るわけですね、、、
一石二鳥が宜しいようで、。
007
2017/04/16 04:03
文章がとっ散らかってしまいましたが・・・
要は、本堂に参拝、できればお賽銭などいただければ、住職などが見ていても、「感心、感心」となるかと思います。
そうでない、ただ写真を撮って帰る、という人が多いですね〜。
付き添いできた奥様が参拝、というパターンもありますね。
三日ボーズ
2017/04/16 09:25
感謝の気持ちが無い人が多いです、、、

故に場所違いですが、先日写友に注意しました、、、
「駐車場借りたら例え小額でも買い物しなさい、コンビニの経営は大変なんですよ!」と、・・・駐車場の無い公園の梅を撮影した話題、での一言です。
007
2017/04/16 09:33
ワタシも、何か買うほうです。

ある方が言ってたのですが、団塊の世代あたりの写真に入れ込んでる人たちが結構身勝手のような感じが・・・確かに、するような・・・
三日ボーズ
2017/04/16 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
サクラ、散る・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる