倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 捨てられない人たち・・・

<<   作成日時 : 2017/05/04 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

色んな事務処理が山積みなのであります。
そのために、寺務所の中に自分の机を整えることにしました。

寺務所とは名ばかりで、両親の居場所になっていて、公私が入り乱れているのに、イライラします。

そういうのは嫌いなのと、仕事をしている時に、両親を同じ部屋にいるのも嫌なので、ワタシは使わなかった寺務所なのでありました。

画像

んで、片付けて、ナントカ、仕事ができるようになった感じがします。

まだまだ邪魔な物が多いのですが・・・
あんまり、急に、全部片付けちゃっても、両親が可哀相かと思って、ちょっと、残してありますが・・・これから、ちょっとづつ、かたづけてゆきまする。

写真の机は、元々は、住職用の机なのでした。
庫裏・書院を改築する時に、寺務所も広くして、住職用の机と椅子も、結構大きなものを買ったのでありますよ。

でも、それが活用される場面を見ることはなく、気が付けば、いつも何かが山積みになってる。
このデカい机は、まったく無駄になっておりました。

ワタシの机云々のその前に・・・
女房が、今年から会計などをやってくれているのに、そのスペースが無く、生活スペースであるダイニング・テーブルでやっております。書類も多く、これが大変。

この対策がイチバンでした。
女房が事務仕事をし易いスペースを確保すること。

寺務所には、他にも、母用とワタシ用と思って買った机があったのですが、全部、机であるのがわからないほどに、何かが積み上げられておりました。
机として使われた形跡がありません。
母は、そもそも、事務仕事は向かない人なのでありました。

そして・・・
両親ともに「片づけられない人」だったのです。
・・・というか「捨てられない人」ですな〜。

実は、このことでは、母に対しては怒りしかなくて・・・
・・・ワタシが中学生の頃まで、とにかく、ワタシの物を捨てまくってくれた。
学校から帰ってくると、大切な物がなくなっている、という事が何度もあって、随分泣かされましたのですよ。
何度も何度も泣いて、それでも、捨てる母。恨みしかありません。
子供の頃の絵とかも、全然残ってない。

そのくせ、自分の物は捨てられない。・・・・というところがバカ! 腹立つ!!

画像
 
父の机の下にあったカンカンを開けたら・・・・これ!・・・ですわ。(^o^)////

なんで、こ〜いう物を溜め込むんだろ?!
これは、明らかに「捨てずに残してる」という、「故意」が感じられる・・・というか、そのものや。
こういう物が、寺務所のアチコチから出てくる。

何かの空き缶、空き箱、等々・・・「空きナントカ」が沢山でてくる。
・・・笑うしかない。

そりゃあ、ワタシだって、捨てられない人ですよ。
母の「教育」で、捨てられない人になっちゃったのよ〜。
でも、父のような「捨てられない」・・・ぢゃ、ない! 断じて違う。
同じ「捨てられない人」にも、違いがあるし、プライドもあるんだよ!・・・?

笑うしか・・・ないです。

画像

もひとつ、至る所から出てくるのが、これ。乾電池〜(^o^)

これは捨てようよ〜〜。・・・危険なんだから。
この前も、寺務所の整理をしたら、乾電池が沢山でてきた。その上、今回もコレ。

・・・どして?? (^_^;)

どうして、これを捨てない?!

画像

「二度目」の片付けで、これや〜。

とりあえず、女房が使えるように、机は空けて、ついでに、住職用の机を交代。

これから、事務処理が山積み。大変でございます〜。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
整理整頓の基本は捨てる事なんですが、、、
これが非常に疲れるし、悩むし、時間がかかるし、で大変です、、、

マッチ箱の小生宅にも父母の物が無意味に収蔵されていて、大分処分したのですが、まだまだあります、、、
小さい倉庫にも、部品とガラクタが混在してますし、自室にも事務用品や書籍やポジスライド等が要る要らないを問わずに在る!感じです(苦笑)、。

暖かくなり、やり易い時期ですが最早二人だけの生活空間はマッチサイズとはいえ広くなりました、、、そこを一人でやるにはキツイ仕事です!

昔、小学生のころ、母に無断で処分された漫画本も今では全く興味なしで、時間の経過を感じます、、、本人は別居ですし、。

出来る時に少しでもやっていこうと常時思いますがナカナカ(笑”)、。
007
2017/05/04 05:00
ボケが進みつつある母と、ボケ始まったか?という父ですが、もともと整理ができない人たちなので、余計に出来なくなっています。
母など、昔のモノを見て、色々思い出してくれるようならまだいいのですが、どうもそれも無い様子。
どう見てもゴミ、というモノは容赦無く捨てます。
三日ボーズ
2017/05/06 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
捨てられない人たち・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる