倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧タイプレンズを使ってみる

<<   作成日時 : 2017/08/21 09:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ニュータイプを欲しがる前に、オールドタイプを使ってみます。

画像

NikonD750+シグマ12-24mm(初代)。

歪曲が少なくて、周辺の光量落ちが良いな、というのと、12mmという画角が必要になって買ったレンズ。

画像

12mmというのは、じゃじゃ馬でもあります。
どうしたって、超広角!!という感じになってしまいます。
よく、ネットや雑誌にも「作例」として、ビルの「上すぼまり」の写真が載りますが、ああいうのは「不自然」で嫌い。
不自然にみえないようにどう撮るか?というのが難しい。

画像

外に向かって引っ張られるような広角レンズの特性をどう使うか・・・ですが、やっぱり、12mmは広すぎますか。

画像

曇り空で撮りましたが、空にかかる木の葉の部分に、パープルフリンジという紫の滲みがフレアのようになっています。
でも、それ以外、「案外使えるモンだわい」・・・と思います。


画像

シグマの14mm。初代。F3.5。
これも、光量落ちの雰囲気が良くて手に入れたもの。
なんと、塗装が樹脂のようで、加水分解のようになっていて、ベトベトぎみ。
売れないから、使い潰そう。

画像

このレンズは古いからか、接触が良くないのか、AFが効かず、MF。
遠くが効かず、近くはOKなので、無限が出ないのかもしれない。
周辺の光量落ちが良くて、買ったもの。デジタルで、あまり、それを感じない。

画像


画像

こういう撮り方だと広角の特徴が抑えられて、良い感じ。
でも、よく見ると、左下&右下に、オレンジ色のフレアのような物が写ってる。

両方とも、デジタルではキビシイ面もあるけれど、案外「使える」・・・かも知れない。

シグマの新しい14mmは、欲しい・・・なぁ〜。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
フルサイズの恩恵をフルに受けるためには、レンズ選びが重要なんですね、、、

そうなるとレンズ資産の有無は最早関係なし?なんでしょうね、、、
そういえば小生のシグマ14mmFアイ、全く使ってません!
防湿庫から出して視ましたが、ベトベト現象はありませんでした、。
007
2017/08/23 04:21
オールドレンズをデジカメで使う、というのが楽しい、という向きがありますが、メーカーのレンズもほとんどデジタル用に新設計されました。
解像度にも、収差にも厳しくなって、旧タイプでは使い物にならない、がホントのところだと思います。
旧タイプを使うのは、その収差が良いというやや変体気味のもので、旧レンズはそりゃあフィルムで使うのがホントでしょ。
旧レンズは、WEBくらいには使えるでしょうが、そこまで、の感じがします。
三日ボーズ
2017/08/24 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧タイプレンズを使ってみる 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる