倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 【あまちゃん紀行】・・・袖が浜駅

<<   作成日時 : 2017/08/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

「あまちゃん」では、主人公のおばあちゃん「夏ばっぱ」の家があり、北の海女がいる浜がこの下にある、という設定ですが、ここの下には、数件の人家と、港があるだけ。

「袖が浜」は、久慈駅の近くにあります。

画像

ホームには、「袖が浜」と書かれた看板が置かれています。
劇中のとは違って、新たに作られたものではありますが。

画像

1両のディーゼルには、案外、沢山の人が乗っていましたが、この駅に降りたのは、ワタシひとりでした。
もう、劇中の駅を見に来る人も、希になったということでしょうか?

画像

良い天気だし、静かだし。
のんびりできました。

画像

駅の裏手の階段を上ってみます。
駅越しの海がキレイです。
劇中では、「海女のアキ」がブレークしたときに、会いに来た「オタク」たちがこの坂を登ってゆくシーンがありましたが、登ったところは、トートツな「道路」でした。
ただ、それだけ。
「堀内駅」という小さな看板を見落としたら、ここに、駅があるとは思えません。

画像

「ユイちゃん」が、「アイドルになりた〜〜〜い!」と叫んだところ。

画像

ここに来たら、やっぱ「コレ」でしょ。
・・・というわけで、久慈駅内のお店「リアス亭」で買った「ウニ丼」ならぬ「ウニ弁当」を食べることにします。

画像

ドラマの中では、峠の釜めしのような感じでしたが、実際には、コレ、でございます。

画像

「下り」が来るまで1時間13分でした。その間、何も無い駅の周辺を歩いたりして、のんびりした時間が流れます。
こんな電車の旅をするのは初めてですが、なかなか、良いものだと思いました。

画像

駅から降りたところの海。ワタシ、こういう磯浜が好き〜。

画像

アキとユイと、種市先輩が通っていた「南部ダイバー」養成の「潜水土木科」がある「北三陸高校」は、「三陸鉄道北リアス線」ではなく、なんと、久慈駅から八戸線を下った所にある。

この種市駅からひとつ下った平内駅の近くにある、その名も「種市高校」。
「種市センパ〜イ」というアキの言葉は、ここの高校生にとっては嬉しいものだったろう。

画像

たぶん、ここ。
ドラマでは、北三陸駅から5kmと言うことになっているけれど・・・


現存するポイントとポイントを、全く違う配置に想定して、ロケされていたということ。
そのやり方に、驚いた現地視察でございました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
行きたくても一生行けそうにない土地の旅紀行。勉強になります。
onosan
2017/08/13 12:18
いつものように、余裕の無い駆け足の旅行ですが、
日常を離れるのは、色んな意味で刺激になりますな〜。
結婚するまで、旅行なんて全く興味が無かったワタシでしたが・・・
・・・っていうと、結婚という日常から離れたい(^_^;)
・・・ってなりそうですが、そうではなくて、
新婚旅行に行くまで、ほとんど旅行ということをしなかったワタシなのでした。
三日ボーズ
2017/08/17 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
【あまちゃん紀行】・・・袖が浜駅 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる