倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスPEN-F

<<   作成日時 : 2017/09/20 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ニコンのD7200と、オリンパスE-M5 MarkU 等を処分した代金は、オリンパスPEN-Fになりますた。
(^_-)

E-M5 MarkU はレンズキットを買ったのでありますが、今回は、そのレンズ14-150mmを手元に残して、PEN-Fのボディのみを買って装着しました。
このレンズ、ブレ補正が入ってないので、細身。PEN-Fに合います。
以前、GX-7に着けてみた時も、出っ張りの無いボディに合うことは感じておりましたが・・・
案の定、ぴったりでやんす。

画像

PEN-Fのシャッターは、E-M5MarkU と同じらしいのですが、若干、PEN-Fの方が、音とショックが大きいように思います。
ボディの大きさは「△の出っ張り」を除くと、ほとんど変わりません。
外付けグリップは着けました。
これで、雰囲気がガラッと変わる感じがします。

画像

ボディは、シルバーとブラックでかなり迷ったのですが、よくよく見ると、シルバーの仕上げがツルッとしていて、プラスチックのような感じがします。
ブラックは、E-M5 MarkU と同じ仕上げで良い感じ。
外付けグリップを着けると、最初に見たスクープ写真の衝撃の「まんま」になります。

画像

E-M5 MarkU の色味が気に入らずに諦めたわけですが、PEN-Fが同じだったらどうしよう・・・
・・・と思って、これを見て、ちょっと「ヤバイ」と思ったですが・・・

画像

なんか、大丈夫そうです。
E-M5 MarkU より画素数が多くなった効果はあるようです。
シャープネスが弱くなって(E-M5 MarkU も、それ以前に比べれば弱くなってる感じがしましたが)、トーンが良くなってる感じがします。
それでいて、画素数なりのシャープ感はあるようです。
14-150mmの便利ズームの描写もなかなか良いと思います。使えます!

ピントが合う感じは、E-M5 MarkU と同じ。
パナソニックに較べれば遅く迷う感じがあります。
パナソニックの方はスパッと合う感じ。

パナソニックのGX7Uと較べて、カメラとしての出来の良さ、シャッターの感覚、そして何よりもファインダーの「見え」で却下。
どうも、接眼レンズが良くない感じ。
液晶の画像が見にくい。目の位置をちょっと動かしただけで、見え方が変わる。
無印のGX7は、そんなに悪くなかったと思うのですが、そして、カメラとしての魅力が、PEN-Fとは、段違いでした。

オリンパスを選ぶのは、なんと言っても「アートフィルター」です。
これは「元祖」でもあるオリンパスの独壇場でしょう。

アートフィルターでも撮れる便利カメラ、という位置づけです。
このレンズの組み合わせだと、カバンへの収まりが良い、というのが1番のメリット。
後は7-14mmを持っていれば、何でも撮れる感じです。

画像

今回、PEN-Fと、14-150mm、7-14mmで高野山を撮ってきました。
レンズ交換がメンドウなので、もう一台欲しいくらいです。
ただ、7-14mmは、液晶モニターで撮ることが多いので(ローポジション&ハイポジションで撮るケースが多い)、EVFは要らない感じ。
なので、EVF無しのPENで良いでしょ。
手持ちのE-PL5だと画像処理エンジンが古いので、新しいのが安くなったら(^_-)・・・でしょうか? 
今の、E-PL8は・・・高いっす、まだ。

画像

これのシルバーボディは、「見た目」の主張が強い感じですな。
「趣味性」がイチバンに押し出されてくる感じです。

ナイスミドル〜(^o^)が、旅行をしつつ、趣味のカメラで写真を撮ってる・・・ような。
「いやいや、私は、カメラそのものには興味が無くて、デカい一眼レフカメラとは使わないですが、まあ、旅の記録をするのに、ちょっとオサレなカメラがいいかな〜って、思って使ってます〜」・・・みたいな。(^^)

「デカイ一眼レフを使うのは、昔はやりましたが、体力も無くなって、卒業。まあ、今はコレくらいが丁度いいです〜」・・・みたいな。

「ワタシも、昔はフィルムで撮ってましてね〜、オリンパス使ってたんですよ〜。でも、今は、デジタルの時代だし、これ、懐かしですよね〜、オリンパス・ペン〜」・・・みたいな。

・・・なんか、そんな感じ。

そういうのも良いかな、と思ったですが、やっぱ、実用で「ブラック」にしました。
「華」がないといえば、そんな感じ。
ブラックになると、とたんにそうなる感じ。

この二面性、があるカメラです。

画像

画素数が増えて、高感度画質が伸びないのか?・・・という危惧がありますが、まあ、高感度は期待してないのと、あくまで「便利カメラ」のつもりなので、それは良し、とします。

これで、E-M1MarkUは諦めた、ということになります。

寺の案内に、こうやってあちこちの寺に行ってどうこう・・・ということも載せようと思ってるので、こういう食べ物の写真も撮ることになるでしょ。
その時に12-40mm F2.8 とかが「必要に」なるか・・・?

・・・でも、これくらいに撮れればいいので、必要ないか?
追って、考えます。

画像

これを見る限り、E-M5 MarkUにあった色被りは無いようです。
安心しました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PEN-Fって高級感・高品質感ありますね!
オリンパスのデジカメの中では一番の質感・格好良さです、、、
AFの迷いは、液晶にフォーカスをポイントタッチすれば?いいかも、、

パナのレンズも使えて、小型軽量、色合いもOKならば良い選択ですね。。。
007
2017/09/22 04:20
シルバーにするか、ブラックにするかは、結構迷いました。
結果、ブラックでした。

一眼レフの形をしたE-M5も非常に小さいカメラで、三角帽子を取ると大きさは変わりません。
記事にもあるように、出っ張りが無いので収まりが良いです。

AFは、パナソニックよりちょっと遅く、迷いという程ではありません。
AFの仕組みが違う、ということでしょうね。
タッチシャッターだと何だか合ってる感がなくて、使ってません。
暗いところなどはパナソニックのAFが良いですね。

カメラとしての魅力がオリンパスの勝ち、という感じです。

オリンパスで一番に2000万画素突破のカメラですが、高野山の写真ではその解像度に驚きました。
一部、パナソニックの 7-14mmを使った写真にパープルフリンジが出てるようなのがあります。補正がされないのでしょうか?

これだけ写るなら高感度以外、オリンパスでOKじゃね〜か〜
・・・という感じもしちゃいます。
三日ボーズ
2017/09/22 13:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスPEN-F 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる