倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お宝パラダイス】・・・ふたつの「マミヤ6」

<<   作成日時 : 2017/10/18 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

何度も書いておりますが、このnewマミヤ6。
出たときには、飛びついたです。分割払いで。

以来、これにはお世話になりました。

初めてコレを見たときには、ミノルタCLEのブロニー版か?・・・と思ったものです。

ライツミノルタCLと、ミノルタCLEは、父が買っていて、ワタシも随分使ったものでした。
距離計連動のボディで、自動露出のボディと、広角・標準・望遠の3本のレンズ。
・・・このスペックだけ見ると同じ仕様で、それが35mmか、ブロニーか、という違いです。

見れば、大きさからして全然違うのですが、概略は同じという感じ。
面白いカメラです。

ワタシは、望遠は買わず、50mmと75mmだけを使っておりました。

ネオパン・プレスト400を入れて、ISO200の露出にして撮って、現像液を2倍に薄めてちょっと温度を上げて、現像すると、暗部が持ち上がって、暗いところのディテールが出て、シャープでありながらコントラストが良い案配になるのです。
これで、街中のスナップを撮っておりました。

画像

題して「街の断片」。手伝っていた求人誌の社長の発案でした。
これは楽しかった。
当時は、キチンとプリントしていたので、2ヶ月に一回くらいはプリント作業をやっておりました。
印画紙は、イルフォードの2号。

画像

これは、まだ元気で出歩いていた頃の父が、東京辺りでヒョイと買ってきたマミヤ6。いつのでしょ?
マミヤ6は、色々細々違うのがいくつもあるので良くワカランですが・・・
K型のUかな?・・・と。

・・・とすると1956年(昭和31年)8月の発売。ワタシより、年寄りであります。

画像

折りたたむと、こんな感じ。
実に携帯性がいい。

画像

実に美しい! 機械としての魅力が満載。
特に、マミヤは、「からくりマミヤ」と言われたくらい、色んなことをやるメーカーだった。

newマミヤ6も、この「蛇腹」が隠れている。内部に蛇腹があって、撮る時にレンズを繰り出すのです。

戦後か?・・・「ベスト判」という、ブロニーよりちょっと小さいフィルムを使う、こういう折りたたみのカメラが流行った。

携帯性は、コンデジに負けない。

画像


ところで、この一連の「ブツ撮り」は、PEN-Fに、45mm F1.8で撮っておるですが、これがなかなか良い感じなのでございます。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブツ撮りPEN-F+45mmF1.8なかなかですね、、、
各カメラの質感が良く分かります。。。
007
2017/10/19 14:09
換算90mmなので、ブツが遠近感で歪まないので良いのだと思います。
しかし、これが、フルサイズの90mmだと、よほど絞らないとピントが合わないものと思います。
三日ボーズ
2017/10/19 17:01
なるほど、中望遠マクロでのブツ撮りで被写界深度を求めるならば、、、
マイクロ4/3は有利・有効だという事ですね、、、

1.小型軽量でシステム化しても負担が軽い。
2.マクロ撮影に適す。

この辺りが良いところなんですね。。。
007
2017/10/20 15:56
おっしゃる通りです。

まず、PEN-Fの解像感が良いこと、があげられます。
そして、これくらいの撮影だと、解像感とかもあまり関係なくて、そこそこ絞って、三脚の載せて撮るので、高感度の必要も無い。
パースがでない中望遠でも被写界深度が深い。
もうちょっとマクロ的な物にも向いていると思います。
よく、ネットで「ボケが、ボケが・・・」という「ボケれば良い」という観点でボケすぎの写真が多かったりしますが、写すべきものをキチンと写す、というブツ撮りにおいて、マイクロ4/3は、良い物だと再認識しました。
三日ボーズ
2017/10/20 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お宝パラダイス】・・・ふたつの「マミヤ6」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる